左から鄭義溶氏、徐薫氏、金正恩氏=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)を団長とする文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が5日午後2時、チャーター機で京畿道・城南のソウル空港(軍用空港)から平壌に向かう。2日間滞在し、北朝鮮高官らと会談するほか、この日夜または6日に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と面談し、文大統領の親書を手渡すとみられる。

 特使団は鄭氏のほか、情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長、統一部の千海成(チョン・へソン)次官、国情院の金相均(キム・サンギュン)第2次長、大統領秘書室の尹建永(ユン・ゴンヨン)国政状況室長の5人。実務者5人を合わせると計10人となる。

 平昌冬季五輪に金委員長が特使として妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長を派遣したことへの答礼訪問となる。朝鮮半島の非核化に向けた米朝対話の環境づくり、南北交流の活性化、南北関係改善問題などを包括的に議論するとみられる。

 鄭氏と徐氏は帰国後に訪米し、トランプ米大統領に訪朝結果を説明する方針。中国、日本にも同様の内容を伝えるという。