世田谷区の某店に集結したバブル世代の女性を中心とした6人の主婦。飲んだら注がれるシュワシュワ。

写真拡大

飲食店が夕方の時間帯にアルコール飲料を割安で提供する「ハッピーアワー」。ファミリーレストランのほか、最近はおしゃれなレストランなどでも提供する店が増えてきた。女性の消費動向をウォッチしている山本貴代氏は「ハッピーアワーを楽しむ主婦層が増えている」という。主婦たちがランチよりハッピーアワータイムを好む理由とは――。

■夕方限定 980円で“シュワシュワ”飲み放題に群がる主婦

仲良しライングループのママ友からお誘いのメッセージがきた。

「ねえねえ、今度“ハッピーアワー”に行かない?」
「ん? ハッピーアワー?」
「そうそう、15時半から18時半まで、980円でシュワシュワが飲み放題のお店があるの」
「了解」「了解!!」「了解〜」

「ハッピーアワー」とは、飲食店がビールやワインなどアルコールの割引販売を行うサービスタイムのこと。店が比較的すいている夕方の時間帯に設定されることが多い。

午後3時のティータイムではなく、3時の泡タイムだからだろうか。急なお誘いにもかかわらず、東急田園都市線「駒沢大学駅」近くの某店に、40〜50代を中心とした女性6人ほどが集まった。席に着くや否や「ハッピーアワーお願いします」。そして、カンパーイ。「空けば注がれる」の無限システムで、いったい何杯飲んだかわからない。ポップコーンはいくら食べてもフリーだったが、おつまみも300円台と安かったので、いくつか頼んでも、ひとり当たりの支払いは1500円程度。

▼ランチにはない「夕方の宴」ならではの醍醐味

話題は、家族、夫婦、子供、健康(更年期)、介護、老後、女の生き方の話と多岐に渡り、また、シュワシュワが多めに入る分、ランチタイムより仲間へのツッコミがディープなレベルになる傾向があった。腹を割った感があり、同じ世代を生き、似たような悩みを抱える者だけが結べる絆のようなものが深まった印象がある。基本的にお酒なしのランチにはない醍醐味が「夕方の宴」にはあるのかもしれない。

たっぷり飲んでおしゃべりして、18時半にはお開きとなったが、みんなかなりいい気分になった。というかできあがっていた。1000円台でちょっとしたベロベロ状態。まさに「せんべろ」だ。ほんのり赤い顔の私たちと入れ違いに店に入っていったビジネスマンが「この集団はなんだ?」という顔をしたが、そんなこと知ったことではない。

そもそも、そんな怪訝な顔をされる覚えはないのだ。朝早く起きてからの家事はもちろんのこと、夕飯の下ごしらえまでを済ませてからのハッピーなシュワシュワタイムだ。楽しいのなんの。味をしめた私はこの後、別のママ友を誘い週1回ペースでいろんなお店のハッピーアワーに出かけることになった。

■ハッピーアワーを好むのは海外経験豊富なバブル世代女子

これまでママ友とは主に昼どきに会っていた。朝食の支度、子供のお弁当作り、夫の送り出し(笑顔で)、朝食の片付け、掃除、洗濯を猛スピードでやり、顔をつくって(メイクをして)、正午前には二子玉川、自由が丘、白金あたりの小洒落たレストランへ駆けつけるわけだ。慌ただしいったらない。

さらに、パスタなどのランチに、軽く一杯ビールやワインを頼み、締めにコーヒーやスイーツも注文すれば、財布から千円札数枚があっという間に消えていく。たいして飲んでいないのに。そんなコスト高に関する悩みも、午後3時からのシュワシュワのハッピーアワーならほぼ無縁となるのだ。

週1ペースで通って実感したが、ハッピーアワーを利用する主婦は意外と多い。主婦集団を率いる「リーダー」は、たいていバブル世代と思われる主婦だ。海外経験が多く、旅先で本来のハッピーアワーを経験したことがあり、ハッピーアワーのイメージはとてもいい。彼女たちも50歳を超え、育児の手間もだいぶ減り、自由な時間が増えてきた。パート仕事のない日や、PTA帰りにハッピーアワーを利用するママも多いらしい。

▼主婦に直撃質問「なぜ、夕方の宴をするのですか?」

ある日、ハッピーアワーの店で、隣の席で飲んでいた「同類」の40〜50代の主婦たちに聞いてみた。「いつもココに来るのですか? どうして来るのですか?」と。

「ランチって、意外とお金かかるでしょ。でもハッピーアワーは懐が痛まないですよね」
「夜もある家事をストレスなくこなすためにはハッピーアワーが必要」
「時間限定だから、だらだら飲むこともない。短期間にさくっと飲んで、切り上げられる。夜も遅くならなくていいし」
「キッチンドランカーみたいに、家でひとり飲むより、みんなで飲むほうが楽しい。罪悪感もないですしね」
「主婦が本当に一息つける時間がハッピーアワーなの」

なるほど。

■ファミレスもハッピーアワーやちょい飲みの客で大繁盛

ハッピーアワーを実施しているのは、街中のビストロやレストランだけではない。バーミヤン、ガスト、ジョナサンなどのファミリーレストランでも平日限定でハッピーアワーを実施し、好評だという。例えば、ガストでは、通常税抜449円の「アサヒスーパードライ」のジョッキが同249円と200円引きとなる。おつまみは大皿いっぱいの「山盛りポテト」(税抜299円)や「コーンのオーブン焼き」(同199円)などを注文すれば十分だろう。

ワインに力を入れているというサイゼリヤは、ハッピーアワーこそないものの、グラスワインが1杯税込み100円だ。プロシュートやエスカルゴのオーブン焼き、フレッシュチーズとトマトのサラダなど小皿料理が400円以下でつまめるのもうれしい。

▼日本のハッピーアワーを牽引するバブルママ

ちなみに、サイゼリヤの決算が、売上高も経常利益も右肩上がりなのは、私たち「ハッピーアワー大好き女子」の後押しも影響しているのではないだろうか。

「ハッピーアワー」のメリットは、懐が痛まないコスパの良さは言うまでもなく、ランチタイムより多めにお酒が入る分、ストレスがより発散でき、そのあとの夕食の支度などもほろ酔い気分でできることだ。しかもニッポン経済にも貢献できている。

もちろん、主婦が日中にお酒を飲むことについて、冷ややかな目線があることは承知している。だが、強調したいのは、この新しい習慣は「夕方」のささやかな宴であるということだ。夕方に家を出て店に向かうので、学校から帰ってきた小学生の子供に「お帰りなさい」を言うこともできるし、塾に「行ってらっしゃい」と送り出すことも可能だ。夜ご飯の下ごしらえも完璧だ。そうした、「母の役割・妻の役割」をちゃんとこなしたうえで、あくまで“隙間時間”を利用してハッピーアワーを楽しもうというものなのだ。

欧米で、仕事帰りのサラリーマンが、ハッピーアワーに軽く飲んでさくっと家に帰るさまはスマートに見える。朝からの家事を終えて、たそがれ時に乾杯するママ友もそれと同じことだ。日本のハッピーアワーを牽引してゆくのは海外経験豊富で、本来のハッピーアワーを知っているこのバブルママたちに違いない。

(女の欲望ラボ代表、女性生活アナリスト 山本 貴代 写真=山本貴代)