KTのパビリオン(カンヌン)。内部ではタイムスライスなどのVR、ARを中心にデモを展開していた。

写真拡大

世界が沸いた平昌(ピョンチャン)冬季五輪。開催国の韓国は、通信方式「5G」の実証サービスを世界で初めて行った。会場内では「5G」の2文字が目立ったが、そこには焦りもみえる。開会式では1200台以上のドローンの同時飛行が披露され、韓国の大手紙は「5Gを利用した」と報じたが、実際には使われていなかったのだ。なぜ焦るのか。デジタルハリウッド大学の占部雅一教授による現地リポートをお届けする――。

■ピョンチャンは世界初の「5Gオリンピック」か?

連日、熱戦に沸いた平昌(ピョンチャン)冬季五輪が終わってしまった。しかし、終わらないレースが1つ存在する。それが「5G」の戦いだ。ピョンチャン五輪は、通信業界では「5Gオリンピック」と呼ばれていた。この大会で、「5G」という通信方式の実証サービスが世界で初めて行われたからである。

私は、開会式直前の8日に韓国に入り、海側の開催地・江陵(カンヌン)を目指した。平地のカンヌンにはスケートやホッケー会場があり、山側のピョンチャンはジャンプやモーグルの会場がある。長野五輪でいえば、長野と白馬の関係に似ている。最高気温は氷点下。さらに高地特有の強風で、「寒過ぎる五輪」などと報じられたが、毎冬スキーを楽しむ私にとっては「やや寒い」程度で、ガマンできる範囲だ。私の体感では日本の報道は大げさに思えた。

■テックイベントのような企業パビリオンが並ぶ

「5G」での通信を実利用するのは、ピョンチャン五輪が世界で最初だ。だがこれは、今後、世界統一規格としてまとめられる「5G」とは、少々異なるもので、「ピョンチャン5G」と呼ばれている。規格の統一を待たず、フライングで公開実験を行っているわけだ。なぜそこまで急ぐのか。韓国勢は五輪という場で、5Gというプラットフォームをいち早く公開し、自分たちの先進性をアピールする狙いがあるのだろう。私はそこでなにが実現されるのかが気になっていた。

一番の驚きは、五輪というスポーツイベントにも関わらず、会場内にテックイベントのような企業パビリオンが並んでいたことだった。各社のブースでは至るところで「5G」を謳うデモが用意されていて、子供の背丈ぐらいの「ロボットヘルパー」が会場案内のために動き回っていた。

オリンピックプラザだけではない。カンヌン駅前に用意されたICTプラザでは、5Gに関連するARやVRの体験コーナーや、韓国のIoTベンチャー企業の展示ブースが用意されていた。

同じように、ソウル中心部のクァンファムン広場では韓国の通信大手KTのパビリオンがあり、シティセンター前にはKTの競合であるSKテレコムのパビリオンがあった。さらにソウル駅、インチョン空港といった場所にも、体験コーナー用意されていた。

このほかピョンチャン近郊の農村地帯であるウイヤジ村では「花畑日向カフェ」が設置され、ここを中心に「世界初の5Gビレッジ」というよくわからないメッセージも発信されていた。5Gを利用して、イノシシなどの被害を避ける監視システムを構築するそうだが、詳細は不明だった。

■韓国政府と大手IT企業による合同事業

とにかく五輪の観光客は、どこにいっても「5G」というキーワードを目にしたはずだ。どれだけ一般の人に5Gの意味が伝わっているか不明だが、勢いだけは感じる。

KTのファン・チャンギュ会長は、昨年10月末に5Gインフラの構築を完了させると、次のようなコメントを発表している。

「ピョンチャン試験サービスを元に世界市場で5Gを主導し、第4次産業革命のプラットフォームを作っていくつもりだ」

つまりピョンチャン五輪は、韓国政府と大手IT企業による世界戦略のための合同事業という立て付けなのだ。

韓国政府は5Gを政府主導の国策として推進している。昨年、韓国政府は「韓国が再びIT分野で世界をリードする構想」を発表し、「第4次産業革命委員会」を新設している。これはドイツの「インダストリー4.0」アメリカの「インダストリアルインターネット」、中国の「中国製造2015」、日本の「コネクティッドインダストリー」に続く概念だ。

業界関係者は韓国政府の思いの強さについて、こう話してくれた。

「KTもサムスン電子も、基地局インフラ設備にはそれほど強くありません。このためオリンピックの実証実験を通じて、欧米企業に対し端末や設備機器を売り込み、あらためて世界のキープレイヤーに返り咲くことをめざしているのでしょう」

■5Gになれば「有線LAN」のほうが遅くなる

5Gについて、どれくらいの人が、その影響力を理解しているだろうか。5Gとは、「第5世代移動通信」の略称で、最大スピードが20Gbps(毎秒ギガビット)。これは現行の4Gよりも40〜50倍ほど速いことになる。

どれだけ速いかというと、現在の有線LAN接続よりも速い。主流のLAN接続は、100Mbps〜1Gbpsだが、5Gは最大20Gbpsだから、有線より無線のほうが速くなってしまうのだ。

また、レイテンシー(通信遅延)は1000秒分の1以下と、ほとんど同時といえるスペックを持っている。レイテンシーが改善されることで、これまで安全面から進められなかったクルマの自動運転や医療機器の遠隔操作などの技術を飛躍的に向上させるといわれている。

通信大手ノキアのリージョンプロジェクトマネジャーのサン・リー氏は「有線接続が遅延の原因になっている」と説明する。

「一般に、LAN接続のほうが速いのではという認識がありますが、実はLANケーブルそのものがレイテンシーを悪化させる原因になっています。5Gでは基地局とデバイスがダイレクトにつながるカタチになり、遅延は(事実上の)ゼロ秒をめざしています」

 

■オリンピック中継でみられた3つの手法

こうした技術をピョンチャン五輪では試合中継などに活用している。代表例は次の3つ映像手法だ。

1つめは「タイムスライス」。これは決定的シーンを複数の方向から分割して多角的に見ることができるようするものだ。映画『マトリックス』でみたような立体映像といえばわかりやすい。このためカンヌンのアイスアリーナでは、フィギュアとショートトラック競技が行われる場所の壁面に100台のカメラが一定の間隔で設置されていた。

2つ目は「オムニビュー」。ストリーミングによって競技中に視聴者が望む視点のリアルタイム映像と各種情報を見ることができるものだ。バイアスロンなどでは、GPSと組み合わせることで、位置情報を得ながら、そのシーンを見られるようにする。

3つ目は「シンクビュー」。ボブスレーのソリの正面などにカメラを設置して、選手視点での迫力ある映像を見せるものだ。

カンヌンとソウルのKTパビリオン、カンヌン駅のICTプラザでは、サムスンの5G端末が用意され、こうした映像手法を体験できるようになっていた。

■新しい映像手法ではないのではないか?

だが、現地で映像手法を体験した私には、ふと疑問がよぎった。

「こうした映像は、本当に新しいのか。5Gである意味はどこにあるのか?」

私が期待していたのは、モバイル端末で、リアルタイムに、しかもUHD(4K・8K)の映像を見ることができるという点だった。ところが多くのデモは、録画映像でリアルタイムではない。結局、リアルタイム映像はテレビで見ることが前提になっていた。

観客の一人ひとりの手元から、まったく新しい映像を、リアルタイムで体験することはできなかったのだ。その理由は、5G端末そのものが十分に用意されていなかったことと、試合を撮影し、配信するためのコントロール体制ができていなかったためだろう。まだ「実証実験サービス」だから、その点は仕方がないともいえる。

■ドローン編隊への5Gの利用をインテルは否定

ピョンチャン五輪では印象的なパフォーマンスもあった。たとえば開会式には半導体大手のインテルが1218台同時のドローン飛行を行った。これまでの最大数は500台で、一気に2倍以上のドローン編隊を実現したのだ。韓国の三大紙のひとつ「東亜日報」は、これが5Gによるものとして、<インテル側は、「KTの5Gネットワークのおかげで、1000機以上のドローンをリアルタイムで制御することができた」と明らかにした>(東亜日報「5Gモバイル、VR、IoT、1200機のドローンショー…平昌五輪を支える先進のICT技術」2018年2月12日)と報じている。

ところが当日は通信不良のためにドローン編隊は飛び立てず、世界に報じられた開会式の映像はリハーサル映像を合成したものだった。しかも筆者がインテルに問い合わせたところ「平昌冬季オリンピック大会開会式で公開されたギネス記録のインテル ドローン ライトショーにつきましては、ドローンの運用に5Gは使用しておらず、KTの関与はございません」との回答があった。東亜日報の報道は事実誤認に基づくものだといえる。

■最初期のiPadのような厚みがあった5G端末

今回、KTはサムスン電子と共同開発した5G専用タブレットを1100台用意し、パビリオンでデモを実施していた。だが5G端末は、最初期のiPadのような厚みがあり、ずしりと重かった。実際、どれほどの観客に利用されたかどうかは不明だ。中途半端な印象が拭えないが、KTのPRマネジャー・ダソン・カン氏は「これらは、実証実験であり、今後どういう可能性があるかを見てもらうためです」という。

またKTのCSR担当のジンホン・キム氏は「新しい技術が生まれても、それを何に使えばいいか、すぐにはわからない。3Gから4Gに変わったときにも同じような疑問がでました。だから創造力を働かせて考えることが大事なんですよ」と話していた。

■未来は「見える人」と「見えない人」がいる

未来は「見える人」と「見えない人」がいる。5Gのもたらす未来は、私には見えなかったが、見える人もいるのだろう。2015年の「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海」で、LGユープラスCEOでLGグループ副会長のイ・サンチョル博士はこう言っていた。

「IoT(モノのインターネット接続)の次に来るのは、IoTh(思考のインターネット接続、Internet of Thinking)であり、その次はIoB(脳のインターネット接続、Internet of Brain)になるでしょう。インターネットは『道具』から『考える道具』になり、その先はクラウドで『頭脳をもった存在』(AI)になるでしょう」

AI、クラウド、IoT。それらをつなぐ基盤が5Gだ。ピョンチャンで披露されたのは、その序章にすぎなかったのかもしれない。IOCのトーマス・バッハ会長は、閉会式のスピーチで「オリンピックは未来への挑戦である」と語った。5Gもまた、これから始まる挑戦なのだ。

2年後の東京五輪までに、日本はどれだけ5Gという技術を消化できているだろうか。5Gの覇権を狙ったレースはすでに始まっている。ピョンチャン五輪の主役は開催国の韓国企業だったが、東京五輪の主役を日本企業が務められるだろうか。

----------

占部 雅一(うらべ・まさかず)
メディアプランナー、デジタルハリウッド大学教授
出版社を経て、インターネットにおけるメディア展開、広告獲得の仕組みづくりに携わる。ヤフー、アイスタイルのタイアップ制作、プレミアムADネットワーク「glamメディアジャパン」のローンチ支援を経て、2012年よりモバイル最適化サービス「モビファイ」を提供。モバイルを中心に世界の最新ITトレンドを探索中。

----------

(メディアプランナー、デジタルハリウッド大学教授 占部 雅一 撮影=占部雅一 写真提供=インテル)