永和システムマネジメント本社ビルのルーフテラスに立つ平鍋健児社長


 福井市は3日前まで大雪だった。中心市街地の幹線道路は除雪され黒いアスファルトが露出していたが、道の両側にはかき集められた雪が人の背丈ほども積み上がり、三十数年ぶりという豪雪の痕跡を伝えていた。

 2月中旬、筆者が向かったのは永和システムマネジメント。福井県福井市に本社を構えるソフトウエア開発会社である。今回は“多様な働き方”の1つの形として、同社社長、平鍋健児さんのケースを紹介したい。

 平鍋さんは、日本における「アジャイル開発」の第一人者である。従来のソフトウエア開発は「ウォーターフォール型」で行われていた。ウォーターフォール型とは、事前に収集した要求を基に分析・設計・実装し、最後に全体テストをする手法だ。基本的に各工程間で後戻りは許されず、ドキュメントで工程間を伝達する。それに対してアジャイル開発は、分析、設計、実装、テストを短い期間で並列に行い、繰り返す。

(参考)連載「経営者のための『DX時代のイノベーション戦略』」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51448

 2000年代初頭にアジャイル開発と出会い、その効果と可能性を確信した平鍋さんは、自社でのアジャイル開発の実践、技術書の翻訳、コミュニティーの主宰、顧客企業への導入コンサルティングなどを通して、日本におけるアジャイル開発の普及を牽引してきた。

 そんな平鍋さんは、現在、福井と東京を往復する日々を送っている。平鍋さんの自宅は福井県大野市にある。

 大野で生まれた平鍋さんは、大野高校を卒業して東京大学工学部に進学。卒業後は東京で日本鋼管(現JFE)に就職し、出向先のNK-EXA(現エクサ)で3次元CADソフトやリアルタイムシステムなどの開発に従事した。仕事は順調だった。実績を積み上げ、課長への昇進も決まった。だが、平鍋さんは課長になる直前に福井にUターンし、永和システムマネジメントに入社した。それから20年が経った2015年、同社の社長に就任した。

 なぜ、平鍋さんは福井に戻ったのか。平鍋さんは今どんな働き方をしているのか、そしてエンジニアの働き方についてどう考えているのか。雪景色の街並みを見わたせる同社の一室で話を聞いた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

東京じゃなくてもソフト開発はできる

──東京から福井に戻られたのはいつですか。

平鍋健児氏(以下、敬称略) 1995年です。ちょうど30歳のときですね。

──なぜそのタイミングだったのですか。

平鍋 子どもが生まれたからです。東京で子供を育てるイメージが僕にはまったく持てなかったんですね。アパートで隣や下の部屋を気にしたりとか、公園デビューとか、そういうのは何か違うなと思いました。僕は大野で生まれ、夏は川で泳ぎ、冬は近くのスキー場でスキーをして遊びました。自分の子供にもそうやって田舎でのびのび育ってほしかったというのがいちばん大きな理由です。

──奥さんはどんな反応だったんですか。反対されなかったのですか。

平鍋 それが大賛成だったんですよね、嬉しいことに。

──奥さんはどちらの出身ですか。

平鍋 福島です。僕と同じで田舎育ちなんです。だから賛成してくれたんでしょうね。

──仕事はどうするつもりだったんですか。

平鍋 仕事への不安はありませんでした。収入もあまり気にしていませんでしたね。そのまま課長になれば給料は上がるはずでしたけど、別にもういいやという感じで。当時、CADの開発の仕事をしていたので、その仕事を福井に持ってきてやれと思っていました。

──ソフト開発は東京じゃなくてもできるだろうと。

平鍋 そうですね。

──なぜ永和システムマネジメントに入社したのですか。

平鍋 福井にあるソフト開発会社を探してリストを作りました。順番に上から行こうと思って、ここが1発目だったということです。

──ここにしようという決め手は何かあったんですか。

平鍋 会社の説明を聞くために新卒採用の会社説明会に参加したんです。そこで先々代の社長(創業者)が声を掛けてくれたんですよ。僕の年齢が新卒にしてはおかしいし、何でこんなところにいるんだ? みたいに思ったらしい。それでちょっと話をしたらうまが合って、酒は好きかと聞かれたので、好きです、じゃあ飲みに行くぞと言われまして、その足で飲みに行きました。そのまま決まったという感じです。

週末はできるだけ福井で過ごしたい

──こちらの社員はみんな福井出身なのですか。

平鍋 約200人のうち130人ぐらいが福井で採用した社員です。東京支社がありますので、東京で採用した社員もいます。

──東京で働いている人の割合はどれぐらいですか。

平鍋 東京支社勤務の社員、東京に長期出張中の社員を合わせて、4割ぐらいが東京にいると思います。

──平鍋さん自身はどんなペースで福井と東京を行き来しているのですか。

平鍋 だいたい週ごとに行ったり来たりという感じです。例えば、今週は珍しくずっと福井にいます。来週は東京です。再来週も東京だったはずです。

──しょっちゅう往復していると大変ではないですか。

平鍋 もちろん旅費がかかりますし、疲れることもありますけれど、僕自身はなるべく福井にいたいなと思います。週末はやはり福井で過ごしたいですね。

──よく東京に行くのは、東京のお客さんと打ち合わせをするからですか。

平鍋 はい、そうです。営業活動、広報や採用も含めて。

──やはり東京のお客さんが多いのですか。

平鍋 多いですね。圧倒的だと思います。

──東京集中という現状があるわけですね。

平鍋 あります。ソフトウェア開発に関してはかなりそうなっていて、ちょっと抗(あらが)えないですね。もちろん福井や他地区での仕事もあります。

 ただ、東京のお客さんとの打ち合わせや社内の拠点間のリモートミーティングは、以前よりずいぶんやりやすくなっています。最近のテレビ会議システムはすごいんですよね。このビルと東京支社・沖縄事務所を2回線つないでいるんですが、ほとんどストレスなくテレビ会議ができます。

 とはいえ、ソフトウエア開発ではどうしてもコミュニケーションの行き違いとか出てきますから、お客さんと顔を見て仕事をする必要があります。直接会うことは今でも重要で、それなしにはたぶんこの仕事はできないだろうなと思っています。

──でも、福井に本社を構え続けるわけですね。

平鍋 福井には地元の仕事がありますから。今でこそ当社は「Rubyとアジャイルの永和」として知られていますが、もともと金融、医療システムの開発という基盤があったんです。特に地域の医療機関のシステム導入やサポートは大きな柱になっています。愛知や静岡のお客さんに向けた組込みシステム開発も手掛けていて、これもほとんど福井で仕事をしています。

会社の成長とともに社員の幸せ

──ソフトウエア開発の仕事は苛酷だといわれ、「新3K」なんていわれることもあります。エンジニアの働き方を変えていきたいと思いますか。

平鍋 もちろんそう思っています。僕はそこにすごくパッションがありますね。アジャイル開発を広めようとしているのも、エンジニアの仕事や働き方を変えていきたいからです。

──永和システムマネジメントとしては、働き方の改善に向けてどんな取り組みをしていますか。

平鍋 例えば、2012年8月からテレワーク(在宅勤務)制度を導入しています。きっかけは東日本大震災なんです。まず東京電力からの節電要請がありました。また、あのとき帰宅困難者がたくさん出たんですね。そこで在宅勤務の可能性はないのかと検討を始めました。

 現在、クラウド上の社内情報共有システム、社内SNS、チャットツール、ウエブ会議、テレビ会議などをフル活用してテレワークの環境を構築しています。制度導入以来、東京支社ではほぼすべてのメンバーが利用しています。人によっては週に4〜5日テレワークという人もいます。

 また、2014年からは社員の主導で「WoW↑3(ワウ・アップ・スリー)」という活動が進められました。「WoW」というのは「Ways of Working(ウェイズ・オブ・ワーキング)」、つまり働き方です。社員がもっと働きやすくなる制度をみんなで作ろうという活動です。

 その第1弾として、7〜11時の間なら何時に出社してもいい時差出勤制度を導入しました。それ以外に半日有休制度、ひといき休暇制度(3日連続で有休を取れる制度)、リモート勤務制度なども導入しています。

──システム開発の仕事だと、フレックスや長期休暇取得は難しくありませんか。

平鍋 参加しているプロジェクトによって、できる人とできない人がいます。ただ、社員が希望する働き方はさまざまですので、その希望にできるだけ応えられるよう、会社としては柔軟な制度を用意したいと考えています。

──永和システムマネジメントの社員たちは、和やかというか和気あいあいとした雰囲気ですよね。そうした社内の雰囲気作りも心掛けているのですか。

平鍋 確かに当社は家族っぽいところがあります。今どきのスタートアップ企業とはちょっと違うんですよね。今、社員が200人ちょっとだから顔と名前が全員一致するんです。これが1000人になったら絶対に無理でしょうね。だからあまり急成長させてしまうと、逆によくないのかなと思っています。

 もちろん会社としては成長や利益の拡大を求めなければいけないんですが、それが最重要とは思っていません。当社の社是に「和を重んじ、チームプレーを中心に高能率・高利益をあげ、信用の増大を図る」というのがあります。会社の成長とともに社員の幸せな働き方を追求したいんですよね。

──社員の幸福を追求するというのは、IT業界では珍しいのではありませんか。

平鍋 社是の1番目が「会社の繁栄と社員全員の幸福が常に一致する経営を行う」なんです。僕は社長を受け継いだからには、そこは曲げてはいけないと考えています。

福井で子どもを育ててよかった

──お子さんは、やはりこっちで育ててよかったですか。

平鍋 よかったですね。それは本当にそう思いますね。例えばよかったなと思うのは、子どもたちが小さいときに遊んだ川があるんです。僕も子供の頃によく泳いだ川です。福井を離れた大学生の長男が去年彼女を連れて帰ってきて、その川に行きたいと言うんです。自分が子供のときに行った場所を、たぶん見せてやりたいと思ったんでしょうね。ちょっと嬉しいじゃないですか。

──川は今も変わっていないのですか。

平鍋 ずっと変わってないんですよ。今でも泳げますし、水も同じくらいきれいなんです。見てください。こんな川なんです。

 

 

 

筆者:鶴岡 弘之