医療法人三つ葉代表、舩木良真医師による訪問診療の現場(写真提供:三つ葉)


 筆者は、唯一の身寄りだった母親(パーキンソン病で要介護5)を10年半にわたって一人で在宅介護をした。その間、折悪しく深夜とか休日に母親の容態が悪化することも多かった。当然、主治医とは連絡も取れず、そうかと言って、母親の医療情報をもっていない病院に救急車で運ぶわけにもいかず、非常に困惑した。そして、そのたびに、「ああ、東京ではなく、名古屋に住んでいたら・・・」と嘆息したものだ。

 なぜなら、名古屋市(昭和区御器所通)には、「24時間365日在宅診療」を提供してくれる「三つ葉在宅クリニック」(医療法人三つ葉)が存在するから。

 高齢化率が27.4%(2017年総務省発表)に達し「超高齢社会」が進展する中、国の方針により要介護者の在宅率は上昇する一方である。そうであればこそ、不測の事態にいつでも対応できる柔軟な医療サービスが本来必要なはずだ。そして、それを提供してくれる稀有な存在として全国的な注目を集めているのが、「三つ葉在宅クリニック」(愛知県名古屋市)なのである。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

医師が経営学を学ぶ時代

 創設者は舩木良真医師(39)。名古屋大学医学部出身であるが、経営大学院を卒業したMBA(経営管理学修士)取得者でもある。

「研修医時代に週末を利用して通学し、当初は組織行動学やヒューマンリソースマネジメント(HRM)などの修得を目指していたのですが、だんだん面白くなり、時間はかかりましたが、結局、全単位を取得しました」と笑う。

「私だけではなく、当院設立時からいる常勤医師たちは、みんなビジネススクールに通学しました。“クリニックの運営に当たっては共通言語を持つことが大切”という認識に基づいています」と舩木氏は語る。

 一部の大都市圏を除き、人口流出、過疎化・高齢化が急速に進む中、日本各地で病院の経営難が続き、病院の統廃合も進んでいる。病院経営をめぐる環境変化が急速に進む中、今までにないイノベーティブな医療サービスを創出していくためには、医師といえども、経営の専門知識が必須の時代になっているのかもしれない。

「水道哲学」にもとづく「三方よし」の運営理念

 舩木氏の理念の根底にあるのは、松下幸之助氏の「水道哲学」と、日本の商いの原点ともされる近江商人の「三方よし」である。

「水道の蛇口をひねれば、いつでもキレイな水が出てくるように、24時間365日、いつでも良質な医療を提供することで安心・安全な地域社会を作りたい」

 それが、舩木氏たちの思いだ。

 名古屋市内の8区をカバーし、患者数(=固定客数)は約1000人に達する。

 患者の年代は、80代が最多で、70代、90代と続く。病状に合わせた定期的な往診に加え、夜間・休日を含めた彼らへの緊急往診は年間2000件を超える。

 昨今、医師の過重労働が問題となっているが、上記の理念を1人で実現しようとすれば、それこそ、身体が持たない。そこで採用したのが「グループ診療」。舩木氏が自ら開発したオリジナルの電子カルテと、朝夕のカンファレンスで、個々の患者の状況についての情報を共有する。そのため、患者の主治医が不在の時でも、他の医師が、同じ質・量の情報を持って対応できるという。いわば、“私の患者”ではなく“私たちの患者”という姿勢だ。

 そして、その情報は、患者と家族にも完全共有化されている。「医療の透明性」を確保すると共に、それを通じて、患者サイドのニーズやウォンツをよりつかみやすくし、医療サービスレベルのさらなる向上を図る。

 また、同クリニックでは、地域のケアマネージャー、訪問看護ステーション、介護事業者などとの“アライアンス(地域連携)”を重視する。こうした各分野の専門家が、患者や家族の日々の情報を共有し、それについて、患者サイドや舩木氏ら医師グループと合同で協議し、同じベクトルで仕事に従事することで、地域医療は、格段に効果的かつ効率的なものとなるという。

 三つ葉在宅クリニックは、今や、常勤医師8人、非常勤10人。他に医療ソーシャルワーカー、診療サポート、医療事務、ドライバー、システムエンジニア、総務など、スタッフは総勢62人を数える。

 舩木氏は言う。「私たちの構築した医療サービスは、“患者よし、医師よし、地域よしの三方よし”を目指しているのです」

 これだけの多様な業務をこなしつつ、三つ葉在宅クリニックの各医師は、週に1〜2回の休日を取れるほか、年に2回の9連休を取れているという。

看護師のいないクリニック

 ところで、前節で紹介したスタッフ構成を見て「おや?」と思った方々も少なくないに違いない。三つ葉在宅クリニックには“看護師がひとりも在籍していない”からである。

 実際、クリニックを訪問すると、看護師がいないばかりか、医師も白衣を着ておらず、その様相は経営コンサルティング会社のオフィスをすら彷彿させる。

「一般に、中小の病院や診療所では、カリスマ的な院長の下に看護師集団がいて、業務プロセスをすべて掌握しています。そのため、医師たちは、現場の情報に関しては、看護師を間に置いて、断片的にしか持ち得ません。新参の医師は看護師から教育を受けるのが通例です。

 しかし、医師と看護師では、医学的知識や職業的価値観が異なります。

 在宅医療は、コンサルティングサービスに近いところがあり、顧客(患者)サイドの多様な要素をじっくりと引き出して、最適な解決策を見出していく必要があります。医学的な情報はもとより、本人の価値観・希望、家族の状況、これまでの人生でどんなことに出会ってきたかなど、様々な要素を分析していかなければなりません。

 そこで、自分たち医師がまず直接現場に入っていって、患者・家族と向き合えるような業務プロセスにする必要があると考えたのです」

 一般の企業経営においても、「些事に神宿る」と言われるように、「現場」での一見些細な出来事や気づきの中にこそ、問題解決の糸口や、新たなイノベーションの種が宿っているものだ。

 ちなみに、三つ葉在宅クリニックでは、看護師が在籍しない一方で、約60カ所の訪問看護ステーションと連携し、対等なパートナーとして協力を依頼しているという。

最新の医学研究や技術動向をキャッチアップ

 舩木氏の構築したこの独自の業務プロセスは、医療サービスレベルの向上に加え、三つ葉在宅クリニック内の組織文化を、「独自性・異質性・新規性」に富んだものへと変革した。その1つが、“勉強会文化”の定着である。

三つ葉在宅クリニックの勉強会の様子


「最新の医学研究にキャッチアップするのはもとより、最先端のITを修得するなど、どうすれば、患者さんの幸福実現により貢献できるかということを、日々、アクティブに追求するようになりました」

 高度な専門性を求められる医師として、一見当たり前のことのように思えるが、「“実は決してそうではない”のが日本の医療界の残念な現状」だと舩木氏は嘆息する。いったいどういうことなのか?

「24時間365日対応の在宅診療」「ビジネススクールに通学した常勤医師たち」「水道哲学にもとづく三方よし」「グループ診療」「看護師不在」など、“異例尽くめ”と称して過言ではない三つ葉在宅クリニック。

 舩木氏らは、なぜ、このようなクリニックを作ったのだろうか? そして、急速に環境変化が進む日本の医療界において、これから何を成し遂げようとしているのだろうか? 後編でそれらを明らかにしたい。

◎シリーズ「商いの原点」の記事一覧はこちら
 

筆者:嶋田 淑之