Apple Watch(第1世代)のディスプレイが飛び出す現象が生じた場合、無償で新品と交換してもらえる可能性があると、マレーシアのテック系メディアが報じています。

バッテリーの膨張が原因

マレーシアメディアのSoyaCincauは、写真にみられるように、ディスプレイ全体が外れてしまった場合、自分で修理しようとせずに、近くの正規サービスプロバイダに相談することを薦めています。
 

 
記事を執筆したアレクサンダー・ウォング氏は、ディスプレイの浮き出た2015年購入の初代Apple Watchを、Apple製品を専門に扱う家電量販店、Machines クアラルンプール店に持ち込んだところ、無償で新品と交換してもらうことができたそうです。
 
ウォング氏によると、初代Apple Watchの保証期間は、バッテリーが膨張する不具合の発覚を受け、当初の1年から3年に延長されているため、今回の待遇を受けられたとのことです。
 
ディスプレイが飛び出す不具合を報告してから10日後、新品のApple Watchがウォング氏のもとに届けられました。
 

 

 
 
Source:SoyaCincau, @Soya_Cincau/Twitter
(lexi)