画像提供:マイナビニュース

写真拡大

パシフィコ横浜で開催されたCP+2018のワコムブースでは、最新のタブレット製品が勢ぞろい。2月27日にアナウンスされたばかりの23.6型4K液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro 24」と、Wacom Cintiq Pro 24にドッキングできるPC「Wacom Cintiq Pro Engine」ももちろん展示ありで、自由に触れて使い心地を試せました。

■圧倒的じゃないか、このナチュラルさ - 液タブ「Wacom Cintiq Pro 24」ハンズオン■4K大型液晶ペンタブ「Cintiq Pro 24」と合体型PC「Cintiq Pro Engine」 - ワコム発表会から

特に、4K液タブのWacom Cintiq Pro 24には、モジュールPCのWacom Cintiq Pro Engineが装着されており、多くの来場者が注目。Wacom Cintiq Pro Engineは、グラフィックスにNVIDIA Quadro P3200を搭載しており、強力なグラフィック作業環境が魅力です。

CP+2018の2日目には、神戸meriken gallary & cafeとのコラボレーション企画として、川本まい氏による「フォト・ドローイングセッション」の実演が行われていました。フォト・ドローイングセッションは、写真素材に絵を描くという表現方法。川本まい氏は、FacebookやInstagramでも作品を紹介しています。ワコムブースでは川本まい氏の作品展示もありました。