彼とのお泊まり時、お風呂上がりにコッソリした“プチ化粧”のウケがイマイチだったらショック。「可愛く見せよう!」と思ってしたものでも、男性からすると「なんでそんな風にするの?」と言いたくなることも。今回は、時短美容家の並木まきが、男性がベッドでギョッとする“女子がやりがち寝る時プチ化粧”を3つご紹介します。

文・並木まき

1:まつ毛だけ悪目立ち!

寝化粧でアイラインやアイシャドウを塗るわけにはいかないので、まつ毛でインパクトを出そうとする女子は少なくないでしょう。

けれど、他のパーツは“THE・スッピン”なのに、まつ毛ばかりがオン仕様になっていると、違和感を抱く男性が多いかも。

マツエク派の場合には、わざわざマスカラをしなくともインパクトがありますが、男性から見るとまつ毛だけが悪目立ちして見え、「不自然で気持ち悪い!」と思われることもあるのでご注意を。

特に、眉毛が薄いのにまつ毛ばかり目立ってしまうと男性は完全に萎えモードに……。

2:パウダーの塗りすぎでカサカサ

寝化粧では“美肌”に見せるために、お肌にパウダーをはたく女子も少なくありません。最近では、寝ている間に美肌を育んでくれる、夜用のパウダーも沢山揃っていますよね。

ところがパウダーを塗りすぎて、いかにも「塗りました!」風の顔になっていると、こちらもギョッとする男性続出。

男性が好きなのはスッピンの美肌であって“人工的な美肌”ではないため、塗っているのが目に見えて分かる寝化粧に、ギョッとする人も多いのです。

パウダーを使うなら、さりげなく。塗っているかいないか分からないくらいの薄づき感で美肌を演出して。

3:無造作に塗られたカラーリップ

しっかり輪郭を取らなくても気軽に塗ることができるカラーリップは、寝化粧でもおなじみ。血色を与えてくれ、顔色もよく見せてくれます。

ところが、寝化粧であまりにも鮮やかな色が口元にあると、不自然さを感じる男性も多いのです。

「彼女には、ありのままの姿を見せて欲しい!」と思っている男性は少なくないため、やりすぎ感を出さないよう気を付けて!

女子としては「お風呂上がり、ベッドでも可愛いと思われたい!」と狙ってしているメイクでも、男からすると「どうしちゃったの!?」ということも。お心当たりがある方は、くれぐれもご注意を

(C) puhhha / Shutterstock(C) RomarioIen / Shutterstock(C) GLRL / Shutterstock(C) Roman Samborskyi / Shutterstock