一度ハマったら抜け出せない!
辛さの中に溢れる旨味がたまらない!おすすめ激ウマ【麻婆豆腐】3選

辛くて旨い、でも辛い。小悪魔的な味わいで食べる人を虜にする麻婆豆腐。ただ辛いだけでなく、その中に旨味が隠れているのがやみつきになる理由!東京で食べられる、絶品3選をご紹介します。

1.麻婆豆腐発祥の店が放つ黄金バランス〈陳麻婆豆腐〉/赤坂

1862年、四川省成都で陳おばあちゃんが生み出した麻婆豆腐。そのレシピを継承し、成都出身のシェフが再現。唐辛子と花椒をふんだんに使い、辛さとしびれがバランス良く口の中で広がる。中国から空輸している葉ニンニクがポイントに。

「陳麻婆豆腐」1,330円(税込)

2.お腹も満足感もいっぱいの一皿〈好好〉/五反田

長時間煮込まず、高温でサッと仕上げた麻婆は土鍋に入れ、熱々の状態で提供。大きめに切った豆腐にジューシーな牛肉、青唐辛子と鷹の爪、にんにくなどの具材がたっぷり。ラー油と豆板醤、花山椒を加えた特製ソースは辛さの中にキレがあり、食べ応えのある一品。

「麻婆豆腐」小1,200円

3.幅広い世代に愛される上品麻婆〈登龍〉/麻布十番

中国各地の料理を日本人の口に合うようアレンジして提供する麻布の人気店。老鶏と豚骨をじっくり煮込んだ濃厚スープにラー油を加えたソースが深い味わいを生み出している。青唐辛子や山椒を好みでかけて食べるとほどよい辛さに。

「麻婆豆腐」小盆2,100円(税込)

(Hanako1138号掲載:photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Mariko Uramoto)

こんな記事もおすすめ!
☆アジア料理ファンが推すとっておきの6軒はコチラ!
☆【銀座】高コスパな洗練された飲茶ランチコースはコチラ!