トラッドをモードに変換させた「トム ブラウン」のスーツ

写真拡大 (全2枚)

持ち物にはその人の品格が出る。よい物には理由があるのだ。

ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第12回は、「トム ブラウン」のスーツをピックアップ。

小暮昌弘(以下、小暮):このグレーのスーツ、トム ブラウンですね。2001年にアメリカ・ニューヨークで彗星のごとく現れたデザイナーであり、ブランドですね。

森岡 弘(以下、森岡):彼の最大の功績は、トラッドをモードに変えたことでしょう、絶対に。僕も小暮さんもずっと『メンズクラブ』というトラッドを基軸に置いた雑誌にいましたでしょ。そこでトラッドを時代に合わせたスタイルに解釈することをずっとやってきました。僕らの時代に彼がいたら、きっと雑誌の誌面も違ったものになっていたでしょうね。もっと早く出会いたかった。

小暮:グレーのスーツ、白のボタンダウンシャツ、黒のウイングチップシューズ……。どれもトラッドのアイテムなのに、バランスを大胆に変えることによって、トラッドのイメージを大きく変えた。

森岡:こんな手がまだトラッドにはあったんだなぁ、と教えてくれたのはトム ブラウン。

小暮:ファッションショーで登場するスタイルはかなり挑戦的なものですが、定番的につくっているアイテムは完全にトラッドで、伝統的。

森岡:つくりは職人気質あふれるものばかりで、素材もオーソドックスで、とても上質なものを使っています。しかし、ひと捻りしただけで、あのスタイリングまでもっていく力量はデザイナーとして相当なものでしょう。

小暮:1950〜60年代のアメリカにおけるスタイルが彼のベースです。映画『華麗なる賭け』に登場するスティーブ・マックイーンや上院議員の頃のジョン・F・ケネディのスタイルが彼のお手本になっている。

森岡:短めの上着の丈、パンツはくるぶしを見せるくらい短くはく。日本でも50年代のアイビーブームの頃は、同じようなスタイルをしたものです。彼が見つけた発見が時代にうまくハマったという感じ。とても新鮮に見えた。

小暮:ニューヨークで聞いたことがあるのですが、デビュー前からずっと彼はあのスタイルで歩いていて、業界では洒落者として有名だったそうですよ。ラルフ・ローレンもブランドを立ち上げる前から英国調のスタイルでモーガンを乗り回し、業界紙に取材されていました。同じニューヨーク。共通項も多い。

森岡:そうですね。2人とも自分の世界観をきちんともっている。それが強み。しかもトム・ブラウン自身も、ずっと同じスタイルを貫いている。もう一点、彼が復活させたのは、男の基本の色としてのグレーでしょうね。

小暮:メンズの基本色としては、日本ではいまはネイビーのほうが主流ですが、その昔、「ドブネズミルック」と言われるほど、グレーのスーツを着ていました。しかしアメリカではグレーのスーツはエリートビジネスマンの象徴。『グレイフランネルを着た男』という小説はグレゴリー・ペック主演で映画化もされました。

森岡:実は先輩にトム ブラウンを愛用している人がいます。昔からトラッド好きな人で、お洒落な人物です。でもトムほどは上着の着丈を短くしていませんし、パンツの丈も割と普通です。そういうふうにサイズバランスを自分なりにアレンジできれば、職種によっては、お洒落なトム ブラウンのスーツでももっとビジネスシーンで活用できるでしょうね。

小暮:そもそもアイテム自体は、本格的なものばかりですからね。それにコーディネートはビジネスマンが参考にすべきポイントが多くありますよ。

森岡:グレーのスーツにこれまではポイントになる色のタイを合わせていましたが、トム流は、同じグレーのタイを合わせる。時にはスーツと同じ素材のタイを合わせることも。これだけで、スーツの着こなしが変わって見えることを教えてくれたのです。

小暮:どこまでいっても男って、コンサバ。スーツだって、トラッド、クラシックが基本。そのなかで、遊ぶこと、ハズすことはこういうことなんだということを、トムは教えてくれたのです。

森岡:彼はボタンダウンシャツの襟のボタンをわざと外しているでしょ。それだけでVゾーンの雰囲気は一変しますからね。

小暮:「神は細部に宿る」。建築家ミース・ファンデルローエの言葉を体現するブランドではないでしょうか。


森岡 弘◎『メンズクラブ』にてファッションエディターの修業を積んだ後、1996年に独立。株式会社グローブを設立し、広告、雑誌、タレント、文化人、政治家、実業家などのスタイリングを行う。ファッションを中心に活躍の場を広げ現在に至る。

小暮昌弘◎1957年生まれ。埼玉県出身。法政大学卒業。82年、株式会社婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。83年から『メンズクラブ』編集部へ。2006年から07年まで『メンズクラブ』編集長。09年よりフリーランスの編集者に。