日本では子宮頸がんワクチン接種の差し控えが継続されたままだ(撮影:梅谷 秀治)

「子宮頸がんワクチン」を接種した少女たちの身体の症状が本当に訴えていたこととは。『10万個の子宮』を書いた村中璃子氏に聞いた。

毎年、3000の命と1万の子宮が失われている

──英科学誌『ネイチャー』などが主催するジョン・マドックス賞を受賞されました。

日本は世界初となる国家賠償請求訴訟が起きるなど、世界の反子宮頸がんワクチン運動の中心となっている。その中で、自身も子宮頸がんワクチンの薬害を唱える医師に名誉毀損で訴えられながら、日本における子宮頸がんワクチン問題に関する一連の執筆を続けたことが評価された。

──本のタイトル『10万個の子宮』の由来は?

日本では毎年子宮頸がんによって3000の命と1万の子宮が失われている。国賠訴訟が終わるまで少なくとも10年を要するといわれる。それまで、接種再開の決断ができる政治家や官僚はいないともされる。このままワクチン接種の一時差し控えが10年も続くと、これだけの数の子宮が失われる。あらためて警鐘を鳴らすのに適切と判断した。

──一時差し控え?

2013年4月に子宮頸がんワクチンは定期接種となった。各自治体の補助で、定期接種になる前からこのワクチンの接種率は7割程度を達成していた。しかしその2カ月後、国は積極的な接種の勧奨を一時差し控えるとした。ワクチンを接種した少女の親たちから、神経の異常を思わせる症状が出たとの訴えが起こったためだ。ワクチンが症状の原因であることの科学的根拠は見つからず、WHO(世界保健機関)も推奨し、世界130カ国で使用され、75カ国で定期接種されているにもかかわらず、日本では接種の差し控えが継続されたままだ。

──現役の医師、ジャーナリストとして、見逃せなかった……。

取材を進めるうちに、この問題は専門家として科学的な解釈を述べるだけではとても描ききれないと思った。3年にわたり、被害を訴える女の子や親、医者、症状から回復した女性、複数の診療科の医療関係者、行政関係者などに取材を行った。

女の子たちの将来を考え、真実を伝えたい

──「子宮頸がんワクチン問題は医療問題ではない。日本社会の縮図だ」と書かれています。


村中璃子(むらなか りこ)/一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了後、北海道大学医学部卒業。世界保健機関などを経る。京都大学大学院医学研究科でサイエンスジャーナリズム講座を持つ。2017年、子宮頸がんワクチンに関する執筆活動により英ジョン・マドックス賞受賞(撮影:梅谷秀司)

この本の根底を貫くメッセージは、フェイクニュースやオルタナティブファクトがあふれている時代に本当の意味での真実をかぎ分けるリテラシーを持てるか、ということ。いくら偉い先生が言っていても、信頼できそうな大メディアが書いていても、科学的に正しいかどうかはわからない。

子宮頸がんワクチン問題で本当に困っているのは女の子たち。だが、医者や弁護士、親、ジャーナリストと称する人など周りのいろんな大人が、女の子たちとワクチンを結び付けて勝手なことを言う。

その中で、被害者は誰なのかといえば、接種していてもしていなくても、やはり女の子たちだ。ワクチンを恨みながら、国賠訴訟に身をささげ、青春を棒に振ってしまう子もいる。接種する権利も打つチャンスもあったのに逃してしまう子もいる。そうした女の子たちの将来を考え、真実を伝えたいという一心で書き続けてきた。

──具体的な女の子のエピソードが盛り込まれていますね。

女の子一人ひとりに物語がある。多くはなかなか表に出てこない。出てくるのは、ワクチンのせいだ、ワクチンは怖いという声ばかり。一方で病状が治った子はとにかく思い出したくないと伏せる。これらのケースをWebに出すと、この子たちへの攻撃が、徒党を組んで執拗に行われる。薬害に否定的な事実が出るだけで驚くほど攻撃的になる人たちがいる。本質でない事実や印象が拡散して、真実は何なのかわからなくなってしまう。

──ご自身も、薬害が証明されたかのような研究発表について捏造だと書き、名誉毀損で訴えられています。

訴えている医者は、大学の副学長で医学部長、教授でもあった人物。厚生労働省の指定を受け、子宮頸がんワクチンによる副反応の研究班の主任研究者をしていた。薬害を唱える医師の中では良心的だといわれていたので、記事に納得できなければ、学会や公の場で反論するだろうと思っていた。そうではなく、薬害団体と一緒になって私を訴えてきたのには驚いた。今や反ワクチン運動のカリスマ的な存在になっている。

──子宮頸がんワクチンの安全性は国際的に賛否両論あるのですか。

十分なデータが出そろい、科学的には安全で有効性が高いという結論が出ている。結論が出ていないのは科学以外の部分。それはこの本を読んでいただければわかる。今まで、子宮頸がんワクチンに関する本は、被害を訴える人たちのドキュメントばかりで、それが真実だといわれてきた。この本では別のパラダイムを提示できたと思っている。

日本の政府、メディア、アカデミアは何をしているのか

──今回の受賞(17年11月30日付)も心強い?

本と同名のスピーチ「10万個の子宮」にもあるとおり、受賞がなければこの本は出せなかっただろう。この受賞は海外から日本への強烈な批判だとも思う。海外メディアは私の受賞を、日本の政府、メディア、アカデミアは何をしているのかと報じた。


──マスメディアに失望していませんか。

同じ『ネイチャー』関連の報道でも、STAP細胞のときの騒ぎを思い出すと、もう少しサポートしてくれてもいいのかなと思うところはある。

世論形成のパターンも変わってきているのかもしれない。昔は新聞が真実を追求しながら世論を作っていったが、今では反証のエビデンスがそろっていると気づいても論調を変えなくなった。たとえば、私を訴えた元教授の研究の調査で不正がないとされたときも、あれは不正ではないのかと、きちんと追及する能力はあったと思う。

──ワクチン接種はどうなりそうですか。

科学的には差し控えるべき理由がないから、何を再開のきっかけとするつもりなのかもよくわからない。WHOから繰り返し名指しで批判されても、私が受賞しても、再開の兆しはなかった。国賠訴訟の原告は250人を超える。集団訴訟といっても個別の事例で争うから、10年でも終わらないという見方もある。国賠訴訟と切り離して政策を決断できる政治家が出るのか、注目したい。