【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官がスイス・ジュネーブで先月開かれた国連人権理事会で北朝鮮の人権問題に言及したことについて、北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は3日、誠意ある努力により醸成された南北関係改善の雰囲気に水を差す反民族的な行為だと非難した。

 北朝鮮の宣伝サイト「朝鮮の今日」とインターネットメディア「メアリ」も4日に同じ趣旨の主張を繰り広げた。

 康氏は先月26日(現地時間)に国連人権理事会で行った演説で、北朝鮮に対し核とミサイルを放棄し、住民の人権状況を改善するよう求めた。