2月28日、ドワンゴの「ニコニコ動画」の動画が、会員登録やログイン不要で再生できるようになった。まずはPCとスマートフォンのWebブラウザに対応し、今後は「ニコニコ生放送」やスマートフォンアプリ「niconico」でも対応する予定だという。

ログインせずに視聴した際の画質は、無料会員のログイン時と同じ。未ログイン状態でも動画の再生数にカウントされ、コメント投稿などを行うにはログインする必要がある。

サービス開始当初は有数の動画サイトでありながら、YouTubeなどの競合の存在感が増していくなかで、ログインなしの視聴ができない点への批判が常に多かったニコニコ動画。Twitterでは

“ここまでなるんに何年かかってんだよドワンゴさんよお…”
“赤ちゃんがやっとのことで一歩歩けて良かったねってイメージ”
“今さら過ぎるけどまぁ…。ついでにシークバーも標準対応してほしい”
“YouTubeとかAbemaTVとかにおいつくかどうか…”

と好意的に捉える声よりも、「今さらすぎる」という批判が多いようだ。

この変化の背景には、昨年末の炎上騒動があった。niconicoの新バージョン「く」の詳細を発表した際に、以前から指摘されていた「画質と読み込み速度」の問題が解決しておらず、批判が殺到。

その後、川上量生会長が運営責任者を退き、後任者が自ら窓口となってTwitterで意見を求めるなど、ユーザーの声を真摯に受け止めようとする姿勢は一定の評価を得ていた。

そうした騒動の後だけに、

“会長の川上が降りてから急速にサービス改善してるらしい”
“ニコニコ動画のログインなしに見れるようになる件は技術がすごいなんてことは誰も思ってなくて
トップが変わったらここまで改革が進んだことがすごい
本当に恐ろしい速度で改善されている”

と改革が一歩進んだことを評価する声もあった。

YouTubeなどに比べて「マイナスからのスタート」と手厳しい意見も多いが、ログインなしでの視聴にはSNSでリンクを貼りやすくなるなど、メリットもある。新トップ体制で、次はどんな施策がなされるのだろうか。

(飛鳥 進)

■関連リンク
ニコニコ動画がログイン不要で視聴可能になりました|ニコニコインフォ
http://blog.nicovideo.jp/niconews/63867.html