男性の中には、いい人を装って女性に近づいてくる“ゲス男”もいるため、十分に注意が必要です。

“ゲス男”に引っかかってしまう前に、きちんと男性の本質を見抜く目を養っておきましょう。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“女の恋心”を利用する“ゲス男”の特徴をご紹介します。

 

■「口先だけ」で行動しない

口ではカッコイイセリフや、あなた思いの言葉を投げかけてくれるものの、行動では一切示してくれない男性。そういう男性は、ただ口が上手いだけで、中身が全く伴っていない場合が多いでしょう。

特に、「好き」とか「愛している」といった甘い言葉を、会って間もない頃から平気で言ってくるような男性には要注意。誰にでもそういうことが言えるのかもしれませんし、普段から色々な女性に対して言い慣れている可能性も高いですよ。

 

■「下心のみ」で優しくしてくる

男性は少なからず、女性に対して下心があるもの。しかし、“下心のみ”で優しくしてくる男性には注意が必要です。

たとえば、やさしく勧めるような素振りでお酒をガンガン飲ませようとしてきたり、女性を家まで送るフリをして、そのまま上がり込もうとしたり……。

表面上は優しそうに見えても、実はやらしいことしか考えていない可能性が高いかもしれません。

 

■「落とした途端」に冷める

男性の中には、女性を落とすまでのワクワク感に最も楽しみを感じ、落とした途端に気持ちが冷めてしまう“釣った魚にエサをやらない人”もいるようです。

こうした男性は、“女性を落とすこと”そのものに夢中なため、女性への思いやりや気遣いがあまり見られず、自分勝手な行動が目立つかもしれません。相手の気持ちを考えていない時点で、その思いもどこまで本気なのか疑わしいでしょう。

 

■「弱っているとき」につけ込む

誰だって弱っているときにやさしくされたら、心をつかまれやすいもの。ゲス男に限って、そうした女心を巧みに利用するのが上手な傾向があります。

たとえば失恋をしたり仕事でミスをしたりして落ち込んでいるときに、優しく声をかけながらも関係を迫ったり言い寄ったりしてくる男性は、ただ自分の欲望を満たしたいだけかも。

あなたのことを心配して、親身になって助けてくれる男性こそ、本気であなたのことを想ってくれている男性ではないでしょうか。

 

ゲス男は口が上手い人が多く、言葉巧みに近づいてくるでしょう。それにまんまと騙されて悲しい思いをしないためにも、今回ご紹介したポイントには、特に注意するよう心がけてみてください。

【画像】

※ LightField Studios/shutterstock

【関連記事】

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

ごめんなさい…!「不倫相手の妻」から届いたお説教LINE

ビクンッ♡ベッドの中で男が「こいつ可愛いな…」と改めて思う瞬間