塚地武雅(ドランクドラゴン)

写真拡大

3日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、お笑いコンビのドランクドラゴン塚地武雅の不健康な食生活が明かされた。

番組では、ゲスト出演した塚地の体重が話題となった。塚地は芸人を始めた頃は体重56キロだったが、現在は約87キロまで増加しているとのこと。ピーク時には98キロあったという。

塚地は健康を意識し、3年ほど前からキックボクシングとトレーニングジムに通っているそう。密着取材したVTRでは、塚地がトレーナー相手に何度も蹴りを繰り出すハードなトレーニングの様子が映し出された。

塚地はその後、「ごほうび」と称して、焼きそばとお好み焼きなど、炭水化物が多い食事を取っていた。食事内容にスタジオから非難の声が上がると、塚地は「めっちゃ動きましたし。濃いもん食べたなるし」と弁解する。

MCでタレントの久本雅美がトレーナーに同情。これに対し、塚地は以前に別番組に出演した際に、共演したモデルに体型を見られた上で「トレーナーを換えた方がいい」と指摘を受けたというのだ。

トレーナーはこの一連のやりとりを放送で知ったらしく、「頼むから食事制限をしてください。週3のペースで通っているから普通に制限したら痩せます。頼むから!」と嘆いていたとか。モデルの滝沢カレンは、VTRの食事を見て「トレーナーさんへの感謝の無さとかは、ちょっとショック受けちゃいますよね」と苦言を呈していた。

【関連記事】
本当は吹っ飛ぶはず?…ドランクドラゴン・鈴木拓が気功をかけられてガチな反応
母親が大切な指輪を質入れ…野球部時代のみやぞんのためにユニホーム代を工面
久本雅美に恥をかかせた滝沢カレンの収録態度「完全に恥かきました」