<WGC-メキシコ選手権 3日目◇3日◇クラブデゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>
世界ゴルフ選手権の「WGC-メキシコ選手権」3日目が終わり、日本から参戦の小平智は、3バーディ・5ボギーの「73」でスコアを二つ落とし、トータル5オーバー・55位タイと苦戦が続いている。


出だしからボギーがくる苦しい展開で、波に乗ることができなかった小平。「守ったり、攻めたりするのが難しい」と、生命線のティショットに陰りが見えた。「風の読みもできなかった」と、思った方向に飛ばない歯がゆさも感じながらのラウンドに悔しさをにじませた。
「そんなに調子が悪くないからもどかしい。毎日厳しいです」とは正直な気持ち。世界ランク上昇に向けて海外転戦のまっただ中。少しでも上の順位でフィニッシュすることが今の小平のモチベーションになるのは間違いない。「パー5は全部バーディなので」と、いいイメージを広げて。最終日こそ大爆発を目指す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

米国男子リーダーボード
女子プロ写真館
小平智の世界戦略メキシコ編、初日は39位タイで「目標に4打足りない」
メキシコ初上陸の小平智、マスターズだけじゃない“世界戦略”
小平智、19歳アマに大敗も「悪いゴルフではなかった」