一つにされる平昌パラリンピックの聖火=3日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季パラリンピック(9日開幕)の聖火リレーが3日、ソウルでスタートした。

 平昌パラリンピックの聖火は京畿道・安養や済州島など韓国内の5カ所でそれぞれ採火され、3日午後に1988年のソウル夏季五輪が開かれたオリンピック公園でパラリンピックの発祥地である英国からの聖火など八つの火を一つにする式典が行われた。

 初日の走者は平昌五輪で最終走者を務めたバンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、キム・ヨナさんらが務めた。

 聖火は5日に平昌が位置する江原道に入り、9日まで道内の五つの地域で39キロを計410人の走者がつなぐ。ソウルに集結する前、5カ所で2日から行われた聖火リレーを合わせると、計80キロを800人が走ることになる。

 聖火は9日の開会式で点火され、10日間の祭典の幕開けを告げる。