絶対にあるはずなのに、なかなか見つからないものってありませんか? 「捨てていないからどこかにあるはず」「絶対に買ったからあるはず」なんて思うものの、見つけようと頑張ってみてもなかなか見つからず……。
ここではそんな、家のなかですぐになくなってしまうものを聞いてみました。

はさみやのり

「毎日使うわけじゃないけど、たまに必要なときに見つからない! たしかこのへんにあったけど……って探しても出てこない」(20代/学生)

▽ 頻繁に出番があるわけではないものの、いざというときに必要となるはさみやのり。ちょっとした手紙や書類を送るときなどにないと困りますよね。また、購入した服のタグを切るのにはさみを使うこともあるでしょう。
すぐに使いたいのになかなか見つからないとイライラしてきてしまうもの。家のなかにあることは間違いないのに、探しても出てこない王道のアイテムなのかもしれません。

ヘアピンやヘアゴム

「買ったときはあんなにいっぱいあったのに、気づけば少ししか残ってない。使おうっていうときに数が足りなかったりするとイライラしちゃったり(笑)」(20代/IT)

▽ 買ったときは山ほどあったのに、気づけば数本、数個しか残っていないヘアピンやヘアゴム。いざ、気合いを入れてヘアアレンジをしようというときに、ヘアピンやヘアゴムがないと困りますよね。
たくさんあったヘアゴムたちはいったいどこにいったの? と首をひねることもあるのではないでしょうか。ポーチのなかに入れっぱなしにしていたり、床に落ちていたりすることもあるようです。

メガネ

「いつも使うのに、結構どこに置いたのかを忘れる。朝起きて『あれ、メガネどこに置いたんだっけ?』っていうのも日常茶飯事」(20代/商社)

▽ 生活の必需品であるメガネ。毎日使うものなのに、使うたびに「あれ、メガネがない」「どこに置いたんだっけ?」と思い出せなくなる人も多いのではないでしょうか?
メガネを置く場所を決めておかないと、メガネを置き忘れるという出来事が頻繁に起こりますよね。

靴下

「靴下の片方が見つからないことがある。洗濯物に片方しかなかったり、タンスに片方しかなかったり」(20代/不動産)

▽ 脱ぎっぱなしにしていたり、きちんとしまっていなかったりすると靴下の片方が紛失してしまうケースが多発します。両方そろっていないとはけないので、片方なくなるというのは困りものです。
脱いだらすぐに洗濯機に入れることや、きちんと組み合わせてタンスにしまうことを徹底したいところです。

リップクリーム

「いつも使い切る前に紛失する。バッグやコートのポケットに入れっぱなしになっていて、1年越しに再会することもしょっちゅう(笑)」(20代/メーカー)

▽ 使いたいときになくなっているリップクリーム。仕方がないからと何度も買い足している人も少なくないのではないでしょうか。気づけばワンシーズンに何本もリップクリームを買っていることもあるでしょう。
バッグやポケット、ポーチのなかに入れっぱなしにしていることもあるので要チェックを。