ライトアップされた稲わらの親子マンモス。(左から)親の「稲穂」と子どもの「れんげ」(愛媛県西予市で)日本農業新聞

撤去を求められていた稲のマンモス 存続の要望が高く取り壊し逃れる

提供社の都合により、削除されました。

関連ニュース

ランキング