食欲をかき立てられる最高のビジュアルで登場するパンケーキ!

高さ4僉直径10僂箸いν想的なビジュアルのパンケーキに、厳選フルーツをトッピング!そんな夢のようなパンケーキを味わえるのが今回紹介する『雪ノ下銀座』。

種類豊富なパンケーキだけでなく、かき氷や隠れた名物も合わせて紹介しよう!



「愛媛産 檸檬」(プレーン¥750)※練乳ミルクは¥800、チーズは¥850
素材へのこだわりが尋常じゃない!
唯一無二のパンケーキを銀座で発見

日本各地の食材を厳選し使用するカフェ『雪ノ下銀座』。同店で不動の人気を誇るのがパンケーキである。

高さ4僉直径10僂離僖鵐院璽は、しっかりと素材の味が楽しめるのが最大の特徴。

三重県多気郡のコケコッコー共和国の平飼い有精卵、最高級北海道産小麦、大美伊豆牧場の低温殺菌牛乳、というこだわりの素材をベースに「プレーン」、「練乳ミルクの白」、「ココアチョコの黒」、「宇治抹茶の緑」、「チーズ」といった味わい、食感の違う5種を用意。

今回は、なかでも人気の3種類をおすすめの組み合わせで紹介していこう!



レモン果汁は、甘酸っぱいアイシングに使用

まずは「愛媛産 檸檬」。愛媛県瀬戸内海に浮かぶ島・大三島にある末岡農園から仕入れるレモンを使用。

パンケーキの上にのるレモンのコンポートは、しっかりと苦みが抜かれ、皮ごと頬張れば、レモンの爽やかな酸味が駆け抜ける。

土台となるパンケーキは「プレーン」、「練乳ミルク」、「チーズ」から選ぶことができる。この日は小麦粉と同量の卵を使用しているリッチな味わいの「プレーン」をセレクト。



「唐津産 さちのか苺」(練乳ミルクの白¥1,000)※プレーンは¥950、ココアチョコの黒は¥1,000

続いては「唐津産 さちのか苺」。佐賀県唐津市の苺農家・梶山さんが丹精込めて作った苺を使用。まずは苺のみを味わってみると、しっかりとした果肉に、ほどよい酸味とすっきりした甘みが楽しめる。

土台となるパンケーキは「プレーン」、「練乳ミルクの白」、「ココアチョコの黒」の3種から選べ、この日は「練乳ミルク」をセレクト。こちらはモッチモチの生地の食感が特徴。

生クリーム、苺、パンケーキ、それら全てを一気に口に頬張ると、間違いない美味しさが口いっぱいに広がっていく!



トッピングで「はちみつ」を別途オーダーするのもおすすめ

最後に紹介するのは「よつ葉クリームチーズ 自家製練乳アイスを添えて」(¥800)。

パンケーキの生地に、北海道産の生乳を使用したよつ葉乳業のクリームチーズとサワークリームを練り込み作り上げた、贅沢な逸品。

まるでケーキのような味わいで、上にトッピングされた自家製練乳アイスの甘みと共に味わうと口の中で優しく、ミルクのコクが広がっていくのを感じられる。


かき氷も名物なんです!



「静岡産 苺氷」(¥1,000)/「袋井産 クラウンメロン氷」(¥1,500)※提供する内容は時期により異なる

パンケーキだけでなく、かき氷も同店の名物のひとつ。

同店のかき氷の凄さを物語るのが、そのビジュアル。明らかに他店で提供するかき氷のフォルムとは異なり、味わえば素材の味をダイレクトに感じられることに驚愕する。

これはほぼ果汁だけを凍らせたものを削り、砂糖と水は最低限の使用にとどめているからこそ実現可能な味わい。こんなに贅沢なかき氷が他にあるだろうか。ぜひ一度は味わってみたい逸品である。



「平飼い有精卵で作った厚焼き卵サンド」(¥680)
ふわふわ食感の卵サンドを味わえるのは今だけ!

『雪ノ下銀座』では冬期だけ登場する隠れた名物がある。それが「平飼い有精卵で作った厚焼き卵サンド」だ。

地元のベーカリーから仕入れる食パンに、自家製のマヨネーズをぬり、ふわふわ食感の厚焼き卵をサンド。手で掴むと、パンから卵まで全てがふわっと柔らかく、口に入れると自家製マヨネーズの美味しさが、卵の味わいを上手に引き立て、ペロリと完食できてしまう。



全14席の店内はいつも賑わっている

平日でもこのこだわりの逸品を求め多くの人が訪れる『雪ノ下銀座』。

パンケーキは、提供までに早くても20分(「よつ葉クリームチーズ 自家製練乳アイスを添えて」は25〜30分)かかるので、時間に余裕をもって訪れよう!