オーストラリア代表のブラックリー【写真:Getty Images】

写真拡大

先発で5回を投げて2安打無失点の好投

 野球日本代表「侍ジャパン」の打線が、楽天の元助っ人左腕の前に沈黙した。3日、ナゴヤドームでの「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」で、オーストラリア代表の先発を務めたトラビス・ブラックリー投手が5回を投げて2安打6奪三振2四球無失点の好投を披露した。

 ブラックリーは140キロ前後の速球と130キロ台半ばのカットボールで日本打線を惑わせた。初回を3者凡退でスタートさせると、2回には1死から浅村に右前打を許すが、直後に牽制でアウトに仕留めた。続く外崎にも右前に運ばれたが、最後は大山を遊ゴロに打ち取った。

 3回は2死から秋山に四球を与えたが、続く菊池を二ゴロで3死。5回も2死から浅村を四球で歩かせたが、続く外崎をきっちり三塁ゴロに打ち取り、二塁を踏ませなかった。

 マウンドに戻った5回は、先頭の大山を空振り三振、甲斐を二ゴロ、田中を空振り三振の3者凡退。5回で86球を投げる力投で、日本打線を封じ込めた。

 ブラックリーは「入手した情報に基づいて作ったゲームプラン通りに投げました。そして無理をせずに打者に的を絞られないように投げました。速球で抑えようとはせずプラン通りに投げました」と快投を振り返った。(Full-Count編集部)