参議院予算委員会での安倍晋三首相(写真:日刊現代/アフロ)

写真拡大

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 大手メディアが行う世論調査にはいくつかありますが、NHKの電話による「政治意識月例調査」は、内閣支持率のバロメーターとして非常に重視されています。

 この調査の結果に、各政党は一喜一憂とまではいいませんが、気にかけていることは事実です。2月に発表された調査では、「希望の党の支持率が0.4%」という結果が出ました。永田町の中には「まだ、そんなに支持率があったの?」と思った人もいるのではないかと思います。今の希望の党は、そのくらい存在感がありません。

 そればかりではなく、希望の党の国会議員たちにはオーラがないのです。まぁ、実際はあるのに隠している議員もいるように思えますが。

 総選挙が行われた昨年10月には、希望の党の支持率は4.8%もありました。民進党が1.6%でしたから、当時は希望の党に移籍した候補者は人気があったわけです。

 しかし、その後は小池百合子代表(当時)の「排除」発言への批判などもあって、支持率は落ちていきます。11月は3.2%、12月は1.4%、1月は1.0%と減り続け、2月は0.4%です。いったい、3月はどうなるのでしょうか。

 ちなみに同調査では、自民党が38.7%、立憲民主党が8.3%、民進党が1.4%となっています。衆議院議員が2人しかいない自由党ですら0.6%で、希望の党を上回っていました。希望の党には51人の衆議院議員が所属していますが、支持率と所属議員数は関係ないということでしょう。また、自由党は小沢一郎議員が代表なので存在感があるのでしょうか。

●“排除”がトラウマになっている立憲民主党

 最近、秘書同士で「野党ってさ……」と言うとき、立憲民主党を意味することが多いです。衆議院の議員数は、立憲民主党が55人、希望の党が51人なので、そう大差はありません。しかし、「第1党」とそれ以外の野党では国会運営における役割が大きく違います。

 本会議の議事運営は議院運営委員会で決まりますが、そのほかの委員会は理事会で決まります。そのときに重要な役割を担うのが、理事職の議員たちです。なかでも「筆頭」の理事が運営方針を左右します。「与党筆頭」や「野党筆頭」と表現され、すんなり決まらない場合は「筆頭間協議」で決められます。

 そのため、現在は自民党の筆頭理事を務める衆議院議員と、立憲民主党の筆頭理事を務める衆議院議員がキーパーソンになります。希望の党がいくら立憲民主党に近い所属議員数を持っていたとしても、意見が通るわけではありません。

 これまでの国会運営では、筆頭理事はほかの会派に配慮しながら運営するので、よほどのことがない限り、野党は団結して与党と協議することができました。しかし、残念ながら、現在はそうはなっていません。

 なぜなら、立憲民主党と希望の党との間の“恨み”の溝が、恐ろしいほど深いからです。立憲民主党の議員たちは、前原誠司代表(当時)の民進党と小池代表(当時)の希望の党から“排除”されたことが深い傷となり、今もかなり根に持っています。

 もはや“排除”がトラウマになり、「耳にするたびに寒気がする」と言っている議員や落選した元候補者も多いです。さながら「排除PTSD」のようです。

●資金分配をめぐって秘書たちが大もめ?

 また、今まではボスたちの諸事情で所属政党が分裂しても、秘書同士まで仲たがいすることはありませんでした。そこは、大人の対応ということです。しかし、今回は状況が違うようで、悲しく思うこともあります。秘書たちの仲たがいが収まらない背景には、お金の問題もあります。

「民進党衆議院秘書会」という組織が今も存在し、2000万円とも3000万円ともいわれる秘書会のお金の分配をめぐって、立憲民主党と希望の党の秘書たちがもめているのです。

 ご存じのように、民進党には参議院議員はいますが衆議院議員はいません。代わりに、野田佳彦元首相のような「党籍は民進党で院内会派は無所属の会」という非常にわかりにくい衆議院議員がいます。そして、それぞれの秘書たちが貢献度を主張して、お金の分配でもめているのが実情です。

 一方で、「お金でもめるなんて、なんだかな……」と思う秘書たちが多いことも事実です。

●戦犯扱いされている、希望の党の細野豪志議員ら

 そもそも、希望の党は幹部メンバーが落選するなど、総選挙の結果が出た時点で存在感が薄れていました。

 マスコミが立憲民主党の候補者たちを持ち上げすぎていたのが原因なのか、メディア戦略がうまくできなかった希望の党が悪いのか……あるいは、その両方なのかもしれません。

 以前も書きましたが、相対的に見て、希望の党は優秀な議員の比率は高いと思います。一方、立憲民主党は“諸事情”で排除された人たちの集まりです。

 しかし、「希望の党のフロンティア議員」を自称していた議員たちは、細野豪志議員をはじめ役職もなく、ひっそりと議員活動をしている印象です。党内では、「飛躍できなかった原因」と戦犯扱いされている雰囲気すらあります。

 玉木雄一郎代表はがんばっていますし、能力もあるとは思いますが、トップを担えるほどの包容力や統率力については、まだまだ成長段階だと思います。そういう意味では、立憲民主党の枝野幸男代表のほうが目立つのは確かです。

●「働き方改革」の裏で「睡眠不足自慢」の永田町

 さて、今国会では「働き方改革」が審議されています。

 感情的には対立していても、野党としては「政府の働き方改革に反対!」で一致していますが、この問題で日をまたぐ残業を続けさせられている秘書たち、院や官公庁の職員たちは疲労困憊です。

 予算委員会の質疑で、厚生労働省のアンケート調査のデータの改ざん疑惑を追及する際に「命の問題ですよ」という表現がありましたが、まさに私たちの命にかかわる事態になりそうです。

「今日は4時間寝られた……」

「2時間しか寝られなかったわ」

 などと、睡眠時間の短さを競う会話でお互いをねぎらっていますが、自己中心的でスタッフの命を削るような国会運営はやめてほしいです。時間が見えないまま、委員会を開くための理事懇談会が開催されるのを待っている状態は、かなりつらいです。

 また、22時に委員会開催が決まり、理事の先生から「君、明日質問して」と言われてもきついです。もちろん、若手の国会議員もきついですが、22時から質疑の準備をして、質疑通告を夜中の1時か2時に受けて、それから答弁書を用意して、各段階の承認を受けて、翌朝9時からの委員会に間に合わせるには、秘書や職員も徹夜になります。

 たとえば、政府が「働き方が柔軟になる」として推進している「裁量労働制」について、野党は「長時間労働を助長する」として反対しています。野党議員は、自分たちの質疑での追及内容と実際の行動に大きな矛盾があることに気づいているのでしょうか。

 つまり、「これまでもそうだった」ということでしょうか。そんな状態で自民党と安倍晋三首相、加藤勝信厚生労働大臣を責めるのは、厚顔にもほどがあるのではないでしょうか。

 理不尽なことに耐えてまじめに取り組む多くの国会議員がいるから、日本は住みやすい国としてあり続けているのです。しかし、まじめな議員は地味なので、メディアに取り上げられる機会が少ないのも事実です。希望の党にも優秀でまじめな議員がたくさんいるのに、存在感が薄い気がします。

 また、本当は存在感も能力もある議員が「今目立つのは得策ではない」ということで静かにしている事情もあります。目立てばマスコミに叩かれるからですが、「マスコミに叩かれるのが嫌だから」と目立たないようにしているのは情けない話です。

 もっと、のびのびと仕事ができる環境が国会議員にも必要だと思います。法改正より、まずは自分たちの職場改革ができれば、必然的に社会にも影響を与えると思うのですが……。
(文=神澤志万/国会議員秘書)