本格的な花粉症シーズンが到来(イメージ)

写真拡大

 日本列島を春の入り口らしい強い風が吹き抜け、本格的な花粉症シーズンが到来した。国民の4分の1が発症しているとされ、日本で一番患者数が多いアレルギー性疾患だ。くしゃみや鼻水、目のかゆみといったアレルギー症状を抑制する薬の服用や、マスク、眼鏡といったグッズが多く発売され、花粉症対策に意識が高まる。そんな中、アレルギーの体質そのものを変えようという治療法「免疫療法」が注目を集めている。

 体内に入った花粉は異物と認識されると、免疫細胞が抗体を作って排除しようとする。このとき、目や鼻の粘膜に存在する「マスト細胞」が抗体で刺激されると、「ヒスタミン」という化学物質を分泌、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こす。

 花粉症の治療としては、体内のヒスタミンを抑える「抗ヒスタミン薬」を使う方法が多いが、症状を取り除く対症療法に留まり、根本的な治療法ではない。

 一方、免疫療法は、アレルギーの原因物質を少しずつ取り入れて体を徐々に慣らしていき、アレルギー反応を抑える治療法だ。薬剤を皮下に注射する「皮下免疫療法」と、舌下に投与する「舌下免疫療法」とがある。

 日本医科大学多摩永山病院の後藤穣医師(耳鼻咽喉科部長)は免疫療法について、「2―3年続けなくてはならないが、治療を止めた後も患者によっては4―5年程度効果が持続する」とメリットを指摘する。

 スギ花粉の舌下免疫療法の薬は全国で約9万人に処方され、後藤医師の外来でもおよそ患者の1割程度が免疫療法を希望する。

 舌下療法は、投与開始2週間で徐々にアレルゲンの量を増やしていく。その間に、局所的に腫れやかゆみが起きることがあるというが、「有害事象が起きるのはスギ花粉の舌下療法の患者でだいたい3割程度。重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックの報告は数件と少なく、安全性の高い治療法」(後藤医師)といえる。

 ただ注意したいのは、免疫療法は、アレルギーの原因となる花粉が飛ぶ2―5月の間は開始できない点だ。今シーズンは別の治療で症状をおさえ、花粉の飛散がおさまった6月頃より治療開始となるのが一般的だ。

 さらに免疫療法は花粉の飛散がない時期も治療を続ける。舌下免疫療法の場合は毎日投与が必要だ。この点も、花粉が飛散するシーズン中だけ服用する抗ヒスタミン薬の治療と大きく異なる。

(文=安川結野)