画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ミラーレス「G9 PRO」の高速AFや最新の望遠ズームレンズを堪能

CP+2018のパナソニックブースでは、今年に入って立て続けに発売された新製品を中心に展示。なかでも、ミラーレス一眼の上級機「LUMIX G9 PRO」や中級機「LUMIX GX7 Mark III」、1型センサーと光学15倍ズームレンズを搭載したスリムコンパクト「LUMIX DC-TX2」が熱い注目を集めていました。

パナソニックブースでまずチェックしたいのは、今年1月に発売されたハイエンドミラーレス「LUMIX G9 PRO」です。LUMIXのラインナップでは、「LUMIX https://news.mynavi.jp/article/20170224-lumix_gh5/GH5」「LUMIX GH5S」が動画のフラッグシップであるのに対して、このG9 PROは静止画のフラッグシップに位置する製品です。世界最高の手ブレ補正機構や、世界最速のAFスピードをうたう気合いの入ったモデルに仕上がっています。

G9 PROは、独自の空間認識AFをさらに進化させ、顔や瞳の認識だけでなく人体認識にも新たに対応。連写は、AF追従で約20コマ/秒、AF固定では約60コマ/秒もの速さを誇り、手ブレ補正機構の効果は望遠側まで6.5段分相当に高まっています。こうした至れり尽くせりの高機能は、タッチ&トライコーナーで体感できます。

交換レンズについては、5月に発売されるライカブランドの新しい大口径望遠ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.」に注目です。階段の上にある望遠レンズコーナーで試写ができます。

●携帯性と高倍率ズームを兼ね備えた注目コンパクト

そのほかのモデルとしては、3月発売の中級機「LUMIX GX7 Mark III」や、2月発売の初級機「LUMIX DC-GF10W/GF90W」を出品。コンパクトカメラについては、光学15倍ズーム搭載の1型センサー機「LUMIX DC-TX2」を展示しています。いずれも、実機に触ってその性能を確かめることが可能です。