首位と9打差に後退した星野陸也(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPS HANDA ニュージーランドオープン 3日目◇3日◇ザ・ヒルズGC&ミルブロックリゾート>
アジアと豪州の共催競技「ISPS HANDA ニュージーランドオープン」は第3ラウンドが終了。44歳の大ベテラン、テリー・ピルカダリス(オーストラリア)がトータル24アンダーで優勝に王手をかけている。

5打差2位にカラン・オレイリー、6打差3位にダニエル・ニスベットと豪州勢がトップ3を独占している。
3打差5位タイから出た星野陸也はスコアを3つ伸ばしたものの、トータル15アンダー・12位タイに後退。小鯛竜也も同順位につけている。
また、川村昌弘がトータル14アンダー・19位タイ、稲森佑貴がトータル13アンダー・22位タイとしている。
【3日目までの順位】
1位:テリー・ピルカダリス(-24)
2位:カラン・オレイリー(-19)
3位:ダニエル・ニスベット(-18)
4位T:ジャリン・トッド(-17)
4位T:デビッド・ブランスドン(-17)
4位T:ハリソン・エンディコット(-17)
7位T:キャメロン・デイビス(-16)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

小平智ら出場 WGC-メキシコ選手権2日目の結果
初シード選手に聞く18の質問 21歳の新鋭・星野陸也の座右の銘は?
【独占インタビュー #2】星野陸也、石川遼との出会い
【石川遼・復活優勝へ】“プレーへの情熱”失わずに初優勝を挙げた石川遼世代
【危険な◯◯解説】<<<松山英樹>>>2018年のドライバーショットで大激論