〈糖質制限DIARY〉罪悪感ゼロなのに本当に美味しいイチゴのパフェ

写真拡大 (全10枚)

朗報! 糖質制限をしていても、名店のパフェは食べられるんです! 連載5回目となる今回は、待望のデザート編をお届けします。

【糖質制限DIARY・DAY5】資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェの極上スイーツ


炭水化物、砂糖などに多く含まれる“糖質”の摂取量を適正に制限することで、健康的で太りにくい体を目指すという、糖質制限ダイエット。「じゃあ、何を食べればいいの?」という糖質制限ビギナーの方のために、実際にゆるめの糖質制限ダイエットを始めてから2〜3ヶ月で7kg痩せちゃった☆というアラサー編集者がそのコツを交えつつ、美味しくて、糖質制限も捗るお店を紹介する連載の5回目は、待ってましたのデザート回! ワクワクしつつ、東京・銀座にある「資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェ」に行ってきました。

当連載3回目で紹介した、糖質制限フルコースをいただける「ファロ資生堂」と同じビルの3階に「サロン・ド・カフェ」はあります。ロゴマークやテーブルクロスなど、店内の至る所にデザインされた、資生堂のシンボルマークである“花椿”探しを楽しみながら着席。

糖質量は通常のパフェの約1/6!贅沢イチゴに大満足


早速目の前に運ばれて来たのは、本日の主役である低糖質版「福岡県宗像市花田農園産のやよい姫のストロベリーパフェ」1,890円。花びらのように飾られた大きなイチゴが4粒分ものっているにもかかわらず、パフェの総糖質量はなんと約10gというから驚きを隠せません!(通常のストロベリーパフェの糖質量はおよそ60〜70g)

「一緒に食事をしに来た、(糖質を気にしない)家族や友人と同じようにイチゴを食べて楽しんでほしいという思いから、イチゴの数は通常メニューのストロベリーパフェと同じ数にしました」と語る飲料長の優しさが詰まったこちらのパフェ。完成は一筋縄ではいかなかったのだとか。

その理由は、砂糖にあります。通常のお菓子作りに使用される高糖質のグラニュー糖は、一度溶かしてから他の素材と混ぜ合わせればそのまま溶け込んで滑らかになりますが、低糖質の甘味料の場合、一度溶かしたものを冷やすと再結晶してしまい、ザラザラした舌触りが残ってしまうのだそう。

「いやー、苦労しましたね(笑)。3ヶ月くらい試行錯誤を繰り返して、ようやく完成しました」という料理長渾身の作品であるストロベリーパフェを、上から順に味わうというパフェならではの楽しみ方で、ありがたくいただきます!

上部のイチゴが取り囲むのは、ストロベリーのアイスクリーム。低糖質の甘味料は通常の砂糖より甘みが強いため、レモン汁を加えることでさっぱりとした味わいに仕上げられています。その食感は少しシャリッとしていて、ジェラートやシャーベット好きにはたまらないはずです。その下にはやよい姫で作ったソースがイン。このソースの甘酸っぱさが、イチゴのパフェを食べている喜びを倍増させてくれます。

真ん中には、バニラではなくミルクアイスクリームが。実はこのミルクアイスクリームは、低糖質パフェのために開発されたオリジナルで、通常のアイスクリーム作りで使用される牛乳の代わりに、糖質の低い高脂肪の生クリームで仕立てられています。そのため、わずかな日数しか新鮮な味を保つことができないという、ここでしか味わえないとってもレアなアイスクリームなんです。

そして、下部にはイチゴの果肉が入ったぷるぷるゼリーがお目見えします。通常のストロベリーパフェで使用するイチゴのソースではなく、イチゴのゼリーを代用することで、糖質を抑えているのだとか。

通常のパフェに決して劣らぬ本物の美味しさは、糖質制限中の人にとってまさにご褒美となる一皿です。

ムース仕立ての低糖質デザートも見逃せない!


同店で味わえる低糖質デザートはパフェだけじゃありません。厳選されたハーブティーと共に楽しめる、ムース仕立ての「ビューティー ルージュ」1,630円も必食です。

美しい4層からなるこちらのカクテル風デザートは、国産の有機ワイン、ローズヒップ、ハイビスカスのジュレに、ヨーグルトムースと、さらにオレンジ風味の泡状のムースを重ねて作られたもの。

気になる糖質量は、1.8gという驚異の低糖質っぷり! その味は、泡のムースと滑らかなヨーグルトのムースの食感がなんとも新しく、ふんわり残るバラとオレンジの香りが優雅な気分に浸らせてくれます。実は男性のリピーターが多いというのも納得の、さっぱり食べやすいスイーツです。

箱の中から好きな一杯をどうぞ!9種類から選べる魅惑のハーブティーボックス


「ビューティ ルージュ」とセットのハーブティーは、同店が厳選した9種類のハーブの中から好きな一杯を選べるというもの。飲料長が海外視察で訪れた先で体験したアフタヌーンティーを参考に取り入れた方式なのだそう。さらに、木箱はこのために作られた特注品です。

この日の箱の中身は、ジャーマンカモミール、リンデン、ハイビスカス&ローズヒップ、レモングラス、ペパーミント、ローズレッド、マテ、ユーカリ、ダージリンの9種類。それぞれ効能が違うため、好みや体調に合った一杯を選んでみてくさい。

ちなみに、飲料長のオススメは“ローズレッド”。「ビューティ ルージュと一緒に味わうことで、バラの香りを存分に楽しめますよ」とのこと。

また、同ビル1階にある「資生堂パーラー 銀座本店ショップ」では、糖質量2.1gの超低糖質ティラミス「ティラミス ルーチェ」583円をテイクアウト購入することもできます。自宅で楽しむのはもちろん、糖質を気にする方への手土産にもぴったりです。

日頃の食事制限やダイエットをしている人のご褒美に、まずはスイーツから低糖質体験してみたいという人も、試してみてはいかがですか?