入念なウェア選びも水の泡に… 諸見里しのぶは悔しさを最終日にぶつける!(撮影:村上航)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 3日目◇3日◇琉球GC(6,558ヤード・パー72)>
「回りたかったというのが一番の気持ち」。国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で首位の鈴木愛と2打差につける諸見里しのぶは、第3ラウンド中止の報を受けて、そう残念がった。
【関連写真】ダイキンオーキッドの熱き戦いをLIVEフォトで
「調子も良かったですし、中止になってしまうと賞金も75%になってしまうので。チャンスがあればプレーしたかったですね」。残念な理由はこんなところにも。「今日は雨予報だったので、下は合羽をはくだろうと思い、上は明るくて(所属の)ダイキンさんのカラーである水色を選びました。結構悩んだんですけどね(笑)」
苦笑いを浮かべながらも、過ぎたことは仕方ないと切り替える。「これも天から与えられたこと。最終日に伸ばすことを考えて一日過ごしたいですね。明日は一つでも多くバーディを獲りたいです」。この後は練習場に行き調整、ジムに行きトレーニングをして汗を流す予定。ゆっくり休むと語った鈴木とは対照的だ。
「勝ちたい気持ちはもちろんありますが、それだけが前に行き過ぎてもだめ。自分を信じきることが目標です。ここまで沖縄のみなさんに喜んでもらえて嬉しいです。さらに喜んでもらえるように頑張りたい」。2004年の宮里藍以来となる沖縄県勢V。中止となったこの日の分まで、最終ラウンドではクラブに魂を込めてティオフする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ダイキンオーキッドレディス 3日目までの順位
諸見里しのぶ、松森杏佳が2日目上位に 話題の『M4』ドライバー効果!?
当日決断のクラブで上位進出 状態良好の諸見里しのぶは世界一位に続けるか
鈴木愛は中止に複雑な心境「やりたかったけど…なんとも言えない」
【フォトギャラリー】女子プロたちがドレスアップ!前夜祭で華やかな姿を披露