ナガセ社長 永瀬昭幸氏

写真拡大

英語が不得意なのに海外赴任が突然決まり、慌てて勉強を始めるビジネスパーソン。しかし、時間がないのはかえってチャンス。どうやって必要な英語を習得するか。永瀬社長のノウハウとは――。

■「口先もごもご」よりも英米流で!

英語を含め、学習の成果はモチベーションに大きく左右されます。モチベーションを高めるのは目的と、期限や目標設定です。急に海外赴任が決まったとすると、「3カ月後にビジネス会話ができるようになっていないと、赴任先で活躍できずに昇進の道も閉ざされる」となれば、目的も期限や目標も明確です。いつ必要になるのかわからない状況でだらだら学習するより、モチベーションは極めて高くなり、上達もしやすいはずです。

勉強するとき重要なのは先生選び。ひとくちに海外赴任といっても、赴任先の国や担当する仕事の内容によって、求められる英語の質は異なります。たとえば発展途上国の工場で現場のスタッフと一緒に汗をかくようなポジションで赴任するなら、ローカル色の強いブロークンな英語でもかまいません。ただ、世界中どこであれグローバル企業の幹部と商談するなら、ブロークンはまずい。

もし私が年中郷里の鹿児島弁で通すとしたら、鹿児島以外の方は意思疎通に苦労すると思います。それは英語でも同じ。グローバル企業の幹部に、なまりの強い英語やスラングは通用しません。相手は教養あるエリートですから、標準的な発音で英米文化にも通じたネーティブの先生について学ぶべきです。

いきなり英米のネーティブ英語を習得するのはハードルが高いから、まずは身近なアジア英語から、と考える人もいるでしょう。ただ、英米人は顔全体の筋肉を運動させて話すのに対して、日本人も含めてアジア人の多くは“口先もごもごイングリッシュ”。アジア人同士だと伝わりやすいのですが、その癖を1度つけてしまうとなかなか抜けません。学ぶなら最初から英米のネーティブ・イングリッシュのほうがいい。

----------

▼先生選びは赴任先を考えて
○ 英米出身の先生
× 某辺境国出身の先生
「なまった英語でペラペラ」より大事なこと
あるレベルの責任者として海外へ赴任する場合、どの国であれ現地幹部は洗練された英語や文化を身につけていると考えるべき。ブロークンでも「会話ができればいい」と考えるのは軽率だ。アジア英語でペラペラしゃべることよりも、まずしっかりと英米のネーティブ・イングリッシュの発音や背後の文化を学ぶべき。

----------

■聞き取りでは、最初の数語に集中

ブロークンでもとにかく意味さえ通じればいいじゃないか、という考え方はどうでしょうか。言語は文化であり、発音や話し方も文化の1つ。相手と同じ発音や話し方で話すことは、相手の文化を理解、共有しているアピールにもなります。

20数年前、商談でスイスのとある銀行を訪ねたときのことです。当社はまだ上場したてで、完全には信用を得ていない段階でした。商談の合間、先方の執行役員と行内のレストランで食事をしました。一流の銀行だけあって、壁にはシャガールの絵画がさりげなく飾られています。私はシャガールが好きだったのでそのことを伝えると、執行役員の反応が変わって、「音楽は何が好きか」「ラフマニノフはいい」と話に花が咲きました。

2人の距離が近くなったのは、文化を共有している、つまり同じ感性を持っていると向こうが判断してくれたからでしょう。感性が共通していれば、商談もスムーズに進みます。向こうは「この人たちは借りたお金をきちんと返すという私たちと同じモラルを持っている」と認めてくれ、そのときの商談は成立しました。

同じように、赴任先の人と共通した感性を身につけたければ、やはり彼らが使っている英語を学ぶべきです。文化は言語を通して伝わります。その国の言語を正しく学んでこそ、その背景にある文化や教養を一緒に吸収できるのです。

もちろん赴任まで時間がないなら、完璧を目指す必要はありません。たとえばボキャブラリーは、仕事で使うものにフォーカスして勉強すればいい。レストランで料理をうまく注文できなくても問題ではありません。楽しみのための英単語は後回しです。

必要なものに絞ってしっかり事前準備しておけば、商談でも主導権を握ることができます。練りに練った具体的な提案を最初にビシッと伝えたら、向こうはおのずと真剣になってメモを取り始めます。逆にいくら流暢に話せても、中身がなければダメです。

また、相手の英語を聞き取る際は、すべてのフレーズを完璧に聞き取ろうとはしないこと。集中すべきは最初の数語です。日本語と違って、英語は「I want」なのか「I don't want」なのかが最初にわかる。イエスかノーかさえわかれば、後のディテールは少々聞き漏らしたところで後からどうにでもなります。

■逃げ場のない、環境が人を育てる

勉強法に話を戻しましょう。英語の上達はモチベーションに左右されるという話をしました。その意味で欠かせないのは、自分の尻を叩いてくれる身近な人の存在です。

当社は企業の英語研修をお引き受けしています。モチベーション向上のためにまず英語を習得する重要性を説明します。講師がさまざまな切り口から英語がいかに大切かをアピールしますが、当社のプログラムでは、さらに、企業の人事部の方にその役割を担ってもらいます。実際に人事を担当している方が「英語のできる社員が活躍している」と説明すれば、同じ内容でも響き方が違います。そのうえで、人事部の方には定期的な進捗状況のチェックなどを行ってもらいます。

その際、先輩社員のアドバイスがあると理想的です。前年に講座を受けた人が「今週はどうだった? あまり捗ってないね」「自分もここで躓いたけど頑張ろう」と声をかけます。これは効果てきめん。同じ経験をした身近な人の言葉ほど共感性が高くて、励ましになるのです。

----------

▼「お尻を叩いてくれる人」がいるといい
効果をあげるには伴走役が必要
どんなに意思堅固な人でも遅れがちになるのが学習計画。英語学習に限らずカリキュラムを着実にこなしていくには、個人任せにするのではなく、定期的に進捗状況をチェックする役割の人が必要。それは自社の人事担当者や直接の先輩など、身近な人のほうが効果的。

----------

■逃げ場のない、環境が人を育てる

短期で上達を目指すなら、仲間と一緒に勉強するのも効果的です。私たちは高校生を対象に、夏休みの5日間で集中的に計40時間勉強する「グローバルイングリッシュキャンプ」を提供しています。このキャンプは、英米の名門大学生のネーティブを指導役に加えたグループ制によって学習を進めていきます。

グループでやるメリットは2つあります。まず、他の人の考えが聞けること。何かのテーマについて1人ずつ発表するとき、自分と似たレベルの人の発表を聞けば、間違えやすい箇所がわかります。また他の人が発表する間に自分の考えをまとめることもできます。先生と1対1は息をつく余裕がなくて案外しんどいですから、3〜5人がちょうどいい。

もう1つは、ライバル効果です。日本は恥の文化。みなさん、仲間や会社の同期の前では恥をかきたくないと考えています。だから遅れている自覚がある人は、授業が終わってからも明日の発表に向けて自習をする。グループで学ぶことでいい意味でのプレッシャーがかかるのです。

逃げ場のない環境は人を育てます。厳しい環境をいかにつくって自分を追い込み、気持ちを高めていくことができるのか。英語の上達は、そこにかかっているといっても過言ではありません。

----------

▼仲間と学習するから伸びる
モデルは薩摩藩の「郷中教育」
ナガセが運営する大学予備校・東進ハイスクールが早くから取り入れ成果をあげているのが、薩摩藩の「郷中教育」をモデルにしたグループ制。生徒たちを数人のグループにまとめることで成績があがるという。その効果は社会人でも同じ。永瀬氏は「3人から5人のグループで学ぶのが、もっとも効果が高い」という。

----------

----------

永瀬昭幸(ながせ・あきゆき)
1948年、鹿児島県生まれ。ラ・サール高校、東京大学卒業。野村証券勤務を経て、76年ナガセ設立。88年ジャスダック上場。「東進ハイスクール」「四谷大塚」などの塾・予備校を展開するほか社会人教育にも進出している。
 

----------

(ナガセ社長 永瀬 昭幸 構成=村上 敬 撮影=永井 浩)