"おとり物件"を避けて家探しを進める方法

写真拡大

決して年収は高くないのに、お金を貯められる人がいる。どこか違うのか。雑誌「プレジデント」(2017年2月13日号)の特集「金持ち夫婦の全ウラ技」より、人生の3大出費のひとつ「住宅」にまつわる知恵をご紹介しよう。第9回は「家探し」について――。(全12回)

■好条件物件の2割は「おとり」

不動産の賃貸物件もいまは主にネットで探す時代だ。そんな中、横行しているのが「おとり物件」。「おとり広告」「釣り物件」とも呼ばれる。

どんな物件かといえば“架空”の物件だ。引っ越しを予定している人がネットなどで「掘り出し物件(広さのわりに賃料が安い、など)」を発見したものの、実際に不動産屋を訪ねてみると、「実は、その物件はついさっき成約した」などと言われ、他の物件をあてがわれるような事例がとりわけ引っ越しシーズンに多発している

東京・高田馬場で「暮らしっく不動産」を運営するラインズマン代表の門伝義文氏は語る。

「正確にはわかりませんが、ネット上で『好条件』と思われる物件の約2割が“おとり”という印象です」

■直接大家と関係のない不動産業者が関わることも多い

なぜ、おとりが横行しているのか。大家から物件を預かり、店子を探す不動産業者にとって「成約」こそが商売の種だ。その成約率をいかに上げるかといえば、客の来店率を上げることが必須となる。そこで、おとり物件で客を店に引き寄せ、他の類似の物件を紹介して成約へと導くのだ。

探す側としては、類似物件に希望の条件に合うものがあり、納得できれば無駄足にならないが、出向いて損だったケースは決して少なくない。業者側には、おとりのほかにも物件はあり、結果的に客の条件に合うものが見つかればいいでしょ、という甘い考えがあるようなのだ。

問題はそれだけではない。

「不動産業者には大家から物件を預かる業者だけでなく、実は直接大家と関係のない不動産業者が関わることも多いのです。彼らは物件情報をネットで客に紹介することで利益を得ます。そうした、いわば“客付け仲介業者”の一部には、物件情報を勝手に“加工”する者が存在するのです」(門伝氏)

ひどいケースだと、彼らは前出のおとり物件をさらによりよく見せるため、物件情報を勝手に“数値改ざん”するという。

■家賃や徒歩時間の数値を改ざん

例えば、部屋の広さ、家賃、駅からかかる時間……をデータ上で(もちろん大家などに無断)変更したうえで、ネットで公開。客を釣って、店におびき寄せるわけだ。この物件のデータ(条件)の数値改ざんは、極めて悪質なものなのに、明確な罰則もない、と門伝氏は言う。

「そもそも募集をすでに終了している物件をおとり広告として使用するのは、宅建業法違反」(門伝氏)であり、さらに数値を勝手に変えれば、それは詐欺的な行為と言わざるをえない。

「こうしたリテラシーの低い業者はごくわずかですが、彼らはとにかく利益至上主義。不動産業界には、本来は礼金0円の物件を礼金1カ月と物件広告に表示して、もし成約することができたら、その1カ月分を業者の取り分としてもいい(大家も了解)“仕組み”の物件があります。利益至上主義になると、そうしたキャッシュバックありの物件に客を誘導することがあります。そんな内情を知らされずに契約する客にすれば、その物件以外にもっといい条件のものがあった可能性があるのです」(門伝氏)

なお、上表は、前述したおとり広告を代表とする罠にひっかからないための鉄則である。

Answer:物件広告に建物名や住所の記述がなければ、おとりかも!?

----------

門伝義文(もんでん・よしのり)
ラインズマン代表。宅地建物取引士、FP2級。「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに不動産会社ラインズマン設立。ウェブで「暮らしっく不動産」運営。ユーザー視点のコラムが人気。
 

----------

(ラインズマン代表 門伝 義文 構成=大塚常好)