出版不況が続くなか、ライトノベルが好調だ(写真:ゲーマーズ横浜店)

10代の中高生をメイン読者層にとらえたライトノベルが売り上げを伸ばしている。その人気の中核にあるのはネット上の小説投稿サイトで広がったファンタジーブームだ。
少子化で参考書や教科書が売れないといわれる出版不況が続くなか、好調なライトノベルの現状に迫った。

第3次ファンタジーブーム

ライトノベルを知っているだろうか? 聞いたことはあるが、詳しくは知らないという人も少なくないのではないだろうか。

ライトノベルは、SFやファンタジーなどを含めた総合的な小説ジャンルだ。1970年代にソノラマ文庫やコバルト文庫から発生したとされる。主に若い中高生を読者層に想定し、同世代のキャラクターを主人公とした物語が多い。

たとえば、アニメ調のイラストの表紙がついた小説を書店で見かけたことはないだろうか。それがライトノベルだ。

ライトノベルのさまざまなジャンルのなかでも、ファンタジー作品の人気が業界にもたらした貢献は大きく、ライトノベルの誕生から現在まで、3度のファンタジーブームがあった。

最初のブームの火付け役になったといわれるのが、1988年出版の『ロードス島戦記』(水野良/角川スニーカー文庫)だ。その流行の追い風を受けて1990年出版の『スレイヤーズ!』(神坂一/富士見ファンタジア文庫)がライトな世界観で多くの読者を獲得し、ライトノベルの礎を築いたのが第1次ファンタジーブームだ。

第2次ファンタジーブームは、2004年に出版された『ゼロの使い魔』(ヤマグチノボル/MF文庫J)の爆発的ヒットだ。作者のヤマグチノボル氏が急病により2013年に逝去され、長らくシリーズ未完のままになっていたが、作者の遺志により出版社が遺されたプロットを基に別の作家による代筆での完結を目指し、昨年2月に最終巻が発売されて話題になった。

そして2010年ごろから話題になり始めたのが、ネット上の小説投稿サイト(主なサイトに「小説家になろう」、「エブリスタ」、「カクヨム」ほか)などで連載されていたWeb小説の書籍化の波だ。アルファポリスのレジーナブックスや、主婦の友社のヒーロー文庫など、Web小説の書籍化を中核にした新興レーベルが台頭し、またたく間に市場を席巻したのが第3次ファンタジーブームだ。最近は、こうしたWeb小説発作品を「新文芸」、あるいは「ライト文芸」「キャラ文芸」などと呼んでいる。

2016年度のライトノベル市場規模は、文庫本と単行本では前年比3.4%減の約339億4000万円だが、電子書籍では前年比22.4%増の約97億円と好調だ。

電子書籍への移行で文庫本と単行本は2011年をピークに減少傾向にあるが、全体としては2011〜2016年で28.9%増と右肩上がりに拡大している。(「ORICONエンタメ・マーケット白書2016」より)

昨年、1年間に出版されたライトノベル全体の作品数は約2500点に及ぶ。2007年は年間約1250点であり、10年で約2倍に増加したことになる。

メディアミックスが支える市場の拡大

そのライトノベル市場の拡大を支えるのは、出版社のメディアミックス戦略にある。小説を原作としたコミック、アニメ、音楽CD、ゲーム、キャラクターグッズなど、1作品だけで数多くの関連商品を作ることができ、多くの企業やメーカーを巻き込めるのが強みだ。

こうしたメディアミックスの反響、特にアニメ化による原作小説の宣伝効果が大きい。近年、アニメ化された『オーバーロード』(新文芸単行本)、『この素晴らしい世界に祝福を』(角川スニーカー文庫)、『Re:ゼロから始まる異世界生活』(MF文庫J)、『幼女戦記』(新文芸単行本)は、いずれもアニメ放送以降で書籍の売り上げが平均300%以上伸長しているという。

そのためライトノベル原作アニメも増加傾向にあり、毎年20〜25作品がアニメ化されている。これはゲーム原作、コミック原作のアニメの本数に匹敵する勢いだ。

また作品の幅を広げることで客層の囲い込みにも成功している。

これまではファンタジー作品といえば『アルスラーン戦記』(田中芳樹/光文社)のような異世界を冒険する「アナログ型」が王道であったが、現在では『ソードアート・オンライン』(川原礫/電撃文庫)、『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』(海道左近/ホビージャパン)のようなゲーム世界に登場人物が入り込んだ「デジタル型」がファンタジーの主流だ。

物心がついた頃から携帯電話やインターネットに触れていた若いデジタル世代にとっては、ロールプレイングゲームの中こそが身近なファンタジーなのだ。

一方、『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』(柳内たくみ/アルファポリス)など人気作品の中にはバイオレンスな描写が多く、政治や戦争を主題にしたストーリーも。10代の読者よりも、20〜30代の読者に支持されていると見られる作品は少なくない。

このことは学生から社会人へと成長してもライトノベルが読まれていることを示している。もはやライトノベルは10代の若者だけのものではないのだ。

すでにライトノベルが誕生してから40年以上は経過しており、読者にも世代間格差が生じている。世代ごとの好みや消費者ニーズが異なるのも当然だ。

電子書籍配信サイトの人気ランキングを見てみると、Book Walker、Reader Store、BookLiveのいずれでも、現代ものや、ラブコメディを抜いて上位を新文芸のファンタジー作品が占めている。

業界に押し寄せる新文芸の波

高まる新文芸の人気に反応して各社の新文芸への進出ラッシュも起きている。昨年だけでも、Kラノベブックス(講談社)、プライムノベルス(主婦の友社)、ツギクルブックス(SBクリエイティブ)、ガガガブックス(小学館)、Dノベル(集英社)などの新文芸レーベルの創刊が相次いだ。

小説投稿サイトの作品を書籍化することは、出版社側にとってもメリットが多い。1つ目はネット上での読者人気を見てから出版計画を立てられる点。2つ目は出版までの時間的ロスを極力省くことができる点だ。

従来の作家デビューの過程だと、新人賞に作品を応募し、選考と受賞を経て出版するまでに1年以上かかっていた。また現役作家でも編集部に企画を通してから執筆というケースでは、どんなに早くとも3カ月から半年はかかってしまう。

日々、変化する読者のニーズに対応してヒット作品を生み出すにはタイミングとスピードが重要だ。そうした出版社側の求める要件にWeb小説は合致していた。

ただし、問題点もある。もともとネット上で無料配信されているWeb小説からどうやって収益を得て、作者に還元するかが今後の課題だ。

そのため各社はWeb小説を原作としたコミック化に力を入れはじめている。

双葉社は自社レーベルのモンスター文庫のコミカライズを専門にするモンスターコミックスを2017年9月に創刊。フロンティアワークスも自社レーベルのアリアンローズのコミカライズを手がけるアリアンローズコミックスを2017年11月に創刊した。直近の2018年2月にはKADOKAWAがフロースコミックを創刊と、各社の力の入れようがわかる。

いまや連載誌についてもネット上の漫画配信サイトが主流だ。スマホアプリなどから読める漫画配信サイトや、出版社によっては、オーバーラップの「コミックガルド」、ホビージャパンの「コミックファイア」、アース・スターの「コミック アース・スター」など、自社の漫画配信サイトを持つまでになっている。新文芸、コミックスジャンルともに多数刊行をしているKADOKAWAは、異世界No.1フェアと銘打って実店舗での新文芸作品の店頭露出拡大と認知拡大を強めている。ネット上でも、実店舗でも各社の販売競争が激化しそうだ。

新文芸の出版ラッシュの波が、コミックの出版ラッシュという第2の波を生んでいる。このコミカライズへの競争で主導権を握れるかが、原作の売り上げ、ひいてはライトノベル業界の情勢にも影響してきそうだ。
 
 最後に筆者としては、アニメが現在放送中の新文芸『オーバーロード供戮函悒妊好沺璽舛らはじまる異世界狂想曲』、そして新文芸ではないが、昨今、盛り上がりをみせている将棋ブームの追い風を受けている『りゅうおうのおしごと!』(白鳥士郎/SBクリエイティブ)のクライマックスへ向けてのラストスパートに期待している。