画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ジャパンキャンピングカーショーに見る「社会の変容」

日本のキャンピングカー保有台数は2016年に10万台を突破し、その後も緩やかに増え続けている。「RVブーム」後の低迷から抜け出し、クルマでキャンプを楽しむ人が増えているのだ。ジャパンキャンピングカーショー実行委員会の話も交えつつ、その背景を探る。

○ジャパンキャンピングカーショー来場者の特徴は?

「ジャパンキャンピングカーショー2018」が幕張メッセで開催された。会期は2月2日から4日までの3日間で、来場者数は6万7,885人。来場者数の近年の推移は2015年が約6万人、2016年が6.2万人、2017年が7.4万人で、一見すると今年は集客が落ちたと思われるかもしれないが、これまでは会期が4日間で、今回が3日間だったことを考慮すれば、その活況ぶりは継続しているといえる。

ジャパンキャンピングカーショー実行委員会の野瀬勇一郎氏は、出展者や来場者の状況が変化していることを強調する。アジア最大のキャンピングカーの祭典として2011年から毎年開催されているショーだが、今回は特に、「クルマの移動空間の楽しみ」に関心を持って来場する人が増えたのが特徴だ。

キャンピングカーとは、「車内で生活できるように架装されたクルマ」のことだが、国土交通省は「キャンピング車の構造要件」として、「車室内に居住してキャンプすることを目的とした自動車」と定義し、8ナンバー登録の特種用途自動車に区分している。

欧米でのキャンピングカーといえば、米国での大型けん引トレーラーや欧州でのモーターホームが代名詞だが、日本では8ナンバーキャンピングカーを頂点とし、ミニバンやワンボックス、SUV、さらには軽自動車のキャンピング仕様まで、幅広くRV(レクリエーショナル・ビークル)と総称されている。

キャンピングカーといえばオートキャンプだが、近年はグランピングという豪華なオートキャンプの楽しみ方も話題となるなど、多様化のトレンドにある。さらに車中泊の楽しみなど、ライフスタイルとしてキャンピングカーに関心を持つ向きも増えているようだ。

○シェアリングとも親和性の高いキャンピングカー

一方で、出展者にあってはレンタルキャンピングカーが10社に増えて、カーシェアリングビジネスがここにも新たな胎動を示す。さらに、オートキャンプ場での充電との連動でプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)の活用期待もある。つまり、キャンピングカーは自動車業界でトレンドとなっているシェアリングや電動化との親和性が高いのだ。

日本のオートキャンプには、クルマ社会が成熟し、先進技術の導入も盛んとなり、「モノからコトへ、体験を買う社会に変容する」流れのなかで、新たな波が来ているのかも知れない。

●「商談の場」から「移動の楽しさ」を知る場に

○キャンピングカーを持っていない来場者が増加

野瀬氏によると、従来はショーに来場する人の大半がキャンピングカー購入を検討していたとのことだが、今回は、来場者の半数近くがキャンピングカー以外のクルマで車中泊を楽しんでいる人たちだったという。

これまではキャンピングカー購入を検討する人が95%を占めていたのに対し、購入検討よりも、興味・関心を持ってクルマの移動を楽しみたいという人たちが25%を占めてきたとする。つまり、キャンピングカーショーは商談の場としてのビジネスショーである半面、クルマを楽しみたい人が集まるユースショーの場となってきているのだ。

○モータリゼーションと共に定着したクルマ文化

筆者は、日本のオートキャンプ創成期の1970年代前半から取材し、自らも家族でオートキャンプを体験してきた。当時、自動車先進国であった欧米でのオートキャンプは、長いバカンスをキャンピングカーで楽しむことが定着していた。日本でも高度経済成長の中でのモータリゼーション進展とともに、1969年に日本オートキャンプ協会が発足し、1970年に「第1回キャンピングカー&ユーズドカーショー」が東京・神宮絵画館前広場で開催された。

日本でキャンプといえば、野営のイメージが強かった。ボーイスカウトなどの青少年キャンプである。これに対し、「クルマ社会の到来と共に、クルマでキャンプを楽しむのがオートキャンプであり、青少年キャンプを脱して日本にも定着させたい」(発足時の岡本昌光日本オートキャンプ協会専務理事)という狙いで日本オートキャンプ協会が設立された。

その後、日本のクルマ市場は成長を続けたが、1990年のバブル崩壊と共に、高度成長は終焉を遂げた。バブル崩壊はモノの豊かさよりも心の豊かさを重視するという風潮を生み出したが、そんな流れの中、日本のオートキャンプは家族で楽しめるレジャーということで着目され、1990年代半ばにはアウトドアブーム・RVブームへと広がっていった。1996年には日本のオートキャンプ人口は1,580万人、全国のトートキャンプ場は1,000カ所を超えた。

しかし、この1990年代半ばをピークに、日本のオートキャンプ人口は減少の一途をたどった。その原因は、人口のボリュームゾーンを占めていた団塊世代が1990年代半ば頃から子育てを終え始めたこと、さらには、長引いた景気低迷のあおりを受けたことなどが挙げられる。

●「クルマにもっと物語を」で訴求

○キャンピングカーで「時間と空間から自由」に

日本の新車市場は、1990年の777万台をピークに現状で500万台ラインの攻防となり、保有の循環型需要の流れを示し、先行きについては少子高齢化の進展で厳しい見方が多い。それでも世界の国別新車市場としては、中国、米国に次ぐ3位の座にある。若者のクルマ離れが言われて久しいが、一方で地方部における軽自動車の根強さなどを見ると、クルマ社会の定着でクルマが生活の必需品となっていることがわかる。

キャンピングカーショー自体も、オートキャンプのためのキャンピングカーということにとどまらず、クルマで移動することで「時間と空間から自由になれる」(野瀬氏)という新たなモビリティサービスとしての方向づくりに変わろうとしている。ジャパンキャンピングカーショーは、昨年から「クルマに、もっと物語を。」をキーワードにブランディング戦略を進めているという。

○車中泊を楽しもうとする層は意外に多い?

日本のクルマ社会の成熟の中にあって、オートキャンプを楽しむキャンピングカー10万台の保有層がピラミッド構造の頂点にあるとしたら、車中泊を楽しむ(楽しもうとする)層は、もっと幅広い。ミニバンからSUVやジープタイプ、ステーションワゴンなどに加え、軽自動車のキャンピングカー仕様などもいかにも日本的である。

移動と宿泊をどう楽しむか、クルマの物語性を見つめ直す時代に入ってきたのかと考えさせる。これに、モビリティサービスの方向を問う新たなうねりがつながってくるのではないだろうか。