(写真=映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』ポスター)

写真拡大

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】3月14日に韓国で公開される映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』の日本公開が確定した。

クロスワークス、デジタルアドベンチャーが配給を担当し、今夏に公開予定。クロスワークスは、これまで韓国映画『LUCK-KEY ラッキー』『哭声/コクソン』『メモリーズ 追憶の剣』などの配給を担当している。

『チーズ・イン・ザ・トラップ』は、全てにおいて完璧だがどこか謎めいた先輩・ユジョンと、平凡だけれど魅力あふれる女子大生・ホンソルの緊張感あふれるラブストーリー。

原作ファンの要望に応えた映画版

2010年から連載された同名のウェブ漫画が原作で、2016年にはテレビドラマ化され、大人気を博した。

(参考記事:「原作は韓国、作画は日本」のリメイクや、実写映像化も増えているウェブトゥーンの可能性

今回の映画版は、原作のキャラクターと高いシンクロ率を誇る俳優陣が集結して注目を集める。

ユジョン役はドラマ版キャストのパク・へジンがそのまま続投。ヒロインのホンソル役には原作ファンから最も要望の多かったオ・ヨンソが扮する。

また、ユジョンとライバル関係にあるペク・インホ役はパク・ギウン、ペク・インホの姉、インハ役はユ・イニョンが務める。

主演のパク・へジンは来る6月、日本でのプロモーションに参加する予定だ。1200席規模の東京・目黒パーシモンホールで、舞台挨拶およびメディア取材を行うという。

(構成=李 ハナ)