―私、もしかして不妊...?ー

結婚相談所に助けられながら、気が遠くなるほど壮絶な婚活を経て、晴れて結婚ゴールインを果たした女・杏子。

一風変わったファットで温和な夫・松本タケシ(マツタケ)と平和な結婚生活を送り、はや2年。

34歳になった彼女は、キャリアも美貌もさらに磨きがかかり、順風満帆な人生を歩む一方、心の隅に一抹の不安を抱え始めていた。




―思い切って、車でも買っちゃおうかしら......♪

口座に振り込まれたボーナスをスマホで確認すると、杏子はついニヤニヤと笑みが溢れた。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系証券会社のセールス職に精力を注ぎ続けた杏子は、今年とうとうディレクターへと昇進した。

それと景気の回復が相まって、もともと高給取りの杏子のボーナスは、かなりの額になっている。

欲しいモノは、その気になればだいたい何でも買えるだろう。ブランド物でも、車でも家でも、ドンと来い状態だ。

ただ、もちろんこの業界にリスクは付き物である。

調子に乗って羽振りの良い生活を送り、急にクビ、なんてこともあり得るから、十分に気をつけなければならない。

何と言っても、松本家の大黒柱は杏子なのだ。

大手自動車メーカーの研究員として働く夫・マツタケの収入は決して悪い訳ではないが、正直、自分とはかなりの差がある。

しかし、これまで散々頑張ってきたのだ。ちょっとイイ新車を買い、運転好きの夫と週末ドライブを趣味にするくらいの贅沢は、許されるだろう。

2年前、婚活を頑張って本当に良かったと思う。

あの時は何度も挫折を味わい、プライドを打ち砕かれ、嫌な思いもたくさんした。

そうして手に入れたマツタケとの平穏な結婚生活は、人に自慢できるほどのモノではないかもしれないが、杏子は文句ナシに満足している。

―どうせ買うなら、ポルシェのマカンかしら。マツタケはきっと喜ぶわ...。

杏子はしばし妄想に暮れ、自分の幸せに酔いしれた。

この時はまだ、これから再び自分に降りかかる困難と、このボーナスの真の使い道など、全く予想もしていなかったのだ。


杏子の永遠のライバル。バックオフィスのモテ女が登場!


絶対に勝てないモテ女。衝撃の告白


「あら杏子、ご機嫌じゃない。何かイイことでもあったの?」

小鳥のさえずりのような声に振り返ると、相変わらず少女のような顔をした同期の由香が立っていた。

化粧室にて鼻歌交じりに口紅を塗り直していた杏子は、その手を止め、思わず身構えてしまう。

美人でどちらかと言うとクールビューティな杏子とは対照的に、バックオフィス勤務の由香は、まさに“ゆるふわ”代表のような女である。

小柄で華奢な体つきと人懐こい童顔で、周囲に惜しみなく笑顔と愛嬌を振りまく彼女は、昔から社内のマドンナ的存在で、とにかくモテまくっていた。




誤解しないで欲しいのだが、杏子は決して由香が嫌いなわけでも、嫉妬しているわけでもない。

ただ彼女を前にすると、自分のような女はどうしても、反射的に生物的脅威のようなものを感じてしまうだけなのだ。

「う、ううん...特に何も...。由香は最近どう?元気?」

儀礼的に問うと、由香は意味ありげな含み笑いを浮かべ、杏子をじっと見つめた。

純真無垢とも、妖艶とも形容できるような不思議な眼差し。女の杏子ですらソワソワしてしまうのだから、これが男ならばイチコロであろう。

「私ね、実は結婚するのよ」

「えぇぇえ?!またっ?!?!」

声のトーンを全く変えずにサラッと重大発表をする由香を前に、杏子の方が声が裏返ってしまう。

そしてよく見ると、彼女の薬指では零れ落ちそうなほど巨大なダイヤが光っていた。

天才的若手エースと評判のトレーダーの後輩と付き合っているとの噂は耳にしていたが、まさか8歳も年下の男にこの指輪を買わせたのだろうか。

何を隠そう、彼女はバツイチなのだ。

恋愛下手で婚活には苦労しかなかった杏子からすれば、自分よりハイスペックの男から二度もプロポーズされるなんて、もはや奇跡に近い。

「“また”なんて、杏子ったら失礼ねぇ」

クスクスと鈴が転がるような声で笑う由香を前に唖然としていると、彼女はさらに杏子の心に爆弾を投げ込んだ。

「それにね、私、デキちゃったの」

「?!?!」

咄嗟に由香の身体に目を向けると、ふわりとしたワンピースに隠されていたが、たしかに言われてみれば、お腹あたりに不自然なボリューム感がある。

「お、おめでとう...!」

杏子は動揺しながらも祝いの言葉を口にしたが、それにしても、顔も手足も依然としてほっそりと華奢な身体つきの由香は、全く妊婦には見えない。

「ねぇ、杏子ももう結婚して2年くらい経つじゃない。赤ちゃんはまだなの?」

聖母のような笑顔で問われたとき、杏子の胸は久しぶりにザラリとした感覚に襲われた。


夫・マツタケと、平穏極まりない夫婦生活を送る杏子だが...?


目を逸らし続けた、不穏な気配


「ヘーイ!ワッツアップ、キョーコ」

表参道の自宅に戻ると、夫・マツタケがNintendo Switchでマリオカートに夢中になりながら、ヒラヒラと片手を上げて合図した。

このゲームは、バレンタインに杏子からプレゼントしたものである。

ふくよかな身体を揺らせてゲームに没頭する夫を見ると、杏子はいつもフワっと心が軽くなる。

マツタケと結婚するまでは、恋愛にも婚活にも苦労ばかりしていた。

並外れた美貌のおかげで男性からのアプローチはそれなりにあったものの、ひとたび杏子がその気になると、男たちは揃って

「君といると疲れる」
「ちょっと重い」
「もっといい人がいると思う」

などと、及び腰で去っていくばかりだったからだ。酷い場合には、平気な顔で浮気されることすらあった。

外見はバリキャリで強い女に見られがちであっても、杏子は極度の寂しがり屋で、そして大の恋愛下手だったのだ。

よって、色気も薄いが駆け引きも必要のない、とにかく温和で明るいアメリカナイズドなマツタケは最高のパートナーだった。

結婚相談所の助けナシには、絶対に出会うことはなかっただろう逸材である。




杏子は、奇声を上げながらマリオカートに奮闘するマツタケの隣に、そっと腰を下ろす。

この結婚生活が自分にとってかけがえのないモノであることは、決して嘘ではない。

夫婦関係は順風満帆以外の何ものでもなかったし、二人で美味しいものを食べたり、週末にふらりと小旅行に出かけたりする日々を心から幸せに思っている。

ただただ平和で楽しく、自由で余裕のあるDINKSライフ。

もちろんマツタケは杏子ほどのエリートではないが、その分何事も器用な彼は、家事や料理も嫌な顔一つせずに引き受けてくれた。

何よりも有り難かったのは、杏子がいくら仕事に邁進し、いくら稼ごうとも“ワーォ”と笑顔でハイタッチを交わし、軽いテンションで応援してくれることだ。

高給取りの女におかしな闘争心や遠慮、そして引け目などを感じない男は、経験上、とても貴重な存在である。

......だから杏子は、なるべく“それ”に目を向けないようにしていた。

何となく不穏な気配を感じ始めたのは、結婚から1年ほど経過した頃。

「もしかして...?」と度々不安に襲われるようになったのは、それからさらに半年が経過した頃だろうか。

そして、今日の「赤ちゃんはまだなの?」という由香の何気ない一言によって、“それ”は恐怖にも似た感情を伴って胸に蘇った。

最終的に杏子は、とうとうこれまで目を逸らし続けていた“それ”を、恐る恐るスマホで調べてしまった。

通常の夫婦生活を2年以上送っているにも関わらず妊娠しないのは、立派な“不妊”と呼べるとのことだった。

▶NEXT:3月10日 土曜日更新予定
重い腰を上げ、婦人科に赴いた杏子が出会った驚愕の“ある人物”とは...?!