株式会社世界地図代表・松岡功氏

写真拡大

 図書館や学校の教室などの壁に貼られた世界地図。その製造・販売会社で四国・松山市に本社を置く株式会社世界地図は、「世界に井戸を掘る」という高邁な活動の原資づくりを目的として事業を展開している。今回は60歳を過ぎてこの新ビジネスを立ち上げた同社の代表、快男児・松岡功氏に話を聞いた。

●第3世界に井戸を掘るために会社を興した

――世界地図という社名がユニークです。

松岡代表(以下、松岡) 世界地図の製造・販売以外は何もしていません。創業して12年になります。今まで延べ550万枚の世界地図を販売してきました。

――御社の世界地図の現物がここにありますが、結構大きい。

松岡 標準的なものは、新聞紙を見開きにした大きさです。これよりやや小さいものも商品としてはありますが、大半は新聞紙見開き大のものをご購入いただいています。

――地球儀や日本地図は手がけていないのですか。

松岡 はい、当社は名前が示す通り、壁貼り型の世界地図一本です。

――松岡代表は74歳でいらっしゃるので、御社を創業なさったのは61歳のときですね。どんな経緯で創業なさったのですか。

松岡 四国の松山市で学習塾と予備校を長く経営していました。その時から、世界地図を生徒募集の販促物として活用していました。それで、世界地図を貼ってもらうということの効用の大きさに気がついたのです。生徒募集でも実際とても効果がありました。毎年松山市を中心に愛媛で10万枚を特に小中学校に配布して、自宅や教室に貼ってもらったのです。

――どのくらいの規模の塾を経営なさっていたのですか。

松岡 3,000名の生徒を集めていまして、県下で2番目の規模でした。東進衛星予備校のフランチャイズにもなっていまして、東進予備校傘下のフランチャイズ塾としては全国最優秀加盟校として10年間連続全国1位表彰されています。

――大成功なさっていたのですね。

松岡 60歳を過ぎましたので、塾を東進の運営元であるナガセに引き継いでもらい、これからは自分の時間を持とう、と思ったわけです。

――それで、すぐに世界地図ビジネスに転進なさったのですか。

松岡 私は実はボランティアをするのが大好きだったんですね。ですからできた自分の時間をボランティア活動に使おう、と思いました。

――それが、なぜ世界地図ビジネスへつながったのですか。

松岡 亡くなってしまいましたが、カンボジアに内田弘慈さんという友人がいました。現地で孤児院を開設、運営していた篤志家でした。内田さんのところに遊びに行ったら、現地では泥水を沸かして飲んでいるんですね。とても驚き、考えさせられました。それで、これは井戸を掘ってあげなければいけない、と思ったわけです。私の経歴だと、普通は「学校をつくってあげよう」ということもあったかもしれませんが、その前に「なんとか綺麗な水を飲んでもらおう」と思いました。井戸のほうが優先順位が高い、と強く思いました。

――その原資として、御社を創業されたのですか?

松岡 自分の塾(財源)を手放してしまったことを後悔しました。しかし、嘆いていても仕方がないので、可能性を見いだしていた世界地図で収益をあげて、第三世界への井戸提供に寄与しよう、と思ったのです。

松岡 当社では、定款に最初から「世界地図の制作・販売」と並んで「井戸を掘ること」を謳いました。結論から言うと、井戸掘りの資金稼ぎのためにつくった会社です。

●広告媒体であり、啓蒙・教育媒体

――お持ちいただいた世界地図を拝見します。各国の中に、それぞれのお国言葉が書き込まれていますね。

松岡 これは『世界の言葉で「ありがとう」』という商品です。地図全体の大きさは縦535ミリ、横775ミリのなかで、下部の縦75ミリ幅で広告や、購買主のメッセージなどを入れてもらいます。

――つまり壁貼り広告媒体ですね。

松岡 その通りです。貼られている期間が長いし、同じ人たちが繰り返し見るので、大きな訴求効果があります。

――メッセージのほかに、その年のカレンダーをあしらったものもありますね。

松岡 はい。カレンダーを表示すると、その年はずっと貼っていただき、見ていただく、ということになります。売れ筋商品としてはほかに、『すばらしい国 日本』(各国との各種比較指標を掲げている)、『みんなで守ろう美しい地球』(各国の環境指標)、『日本と世界の偉人達』(主要国で輩出した偉人の顔イラスト)、『世界遺産めぐり』などあります。そのほか発注主のご要望に応じてオリジナルな内容を盛り込むこともお受けしています。

――広告媒体ということなので、販売対象は企業ですね。

松岡 塾、学校、それから銀行や企業、JICA(国際協力機構)などの国際団体が毎年購入、配布してくれています。ロータリークラブやライオンズクラブでも購入していただいています。それぞれの顧客や関係先に配っていただいて、世界地図を見る習慣を付けてもらいたいと思っています。学校なら家庭に配るので子供が世界を知るきっかけになります。トイレに貼られることも多いですね。

――広告媒体であり、啓蒙・教育媒体というわけですね。さすがに元教育者だと思います。

松岡 「読み書きそろばん」と言いますが、私は「読み書きそろばん、世界地図」と言っているんですね。世界地図を見ていることにより、知識が深まるだけでなく、世界への興味が湧き、大きな夢が育つのです。世界の人々に世界地図を見る習慣を持ってもらいたい、と願っています。

 坂本龍馬が勝海舟の暗殺を企てていたことがありました。ところが地球儀を見せられたことにより、日本の置かれた現状に気がついて、その愚挙を取りやめた、という話が伝わっています。世界の広さを知った龍馬自身が攘夷論者から開国論者に変わったことで、明治維新が成功し植民地にならずにすみました。

――世界地図に関するビジネスは御社独占なのですか。

松岡 独占ではありませんが、弊社はフルカスタマイズと名入れができる世界地図の制作販売について、最初に実用新案登録を行った会社であり、その世界地図の制作販売だけを行っています。そんな会社はほかに聞いたことがありません。また、いろんな国にも行きましたが、細かく調べるような世界地図や地図帳はあっても、シンプルで楽しい世界地図はないので、弊社はシンプルで楽しく見たくなるような世界地図を考えて制作しています。

――それでは、英語バージョンなども展開なさったらいかがですか。

松岡 実は商品としては開発しており、海外での販路開拓を始めたばかりで、越境ECサイトも昨年末に公開したところです。

――どんな価格体系なのですか。

松岡 国内では500枚からお受けしていて、地図の下の段を自由につくれます。全体をオリジナル版でご発注いただくには5,000部以上からですが、その料金は60万円ほどです。この60万円のなかから、カンボジアでネーム入りの井戸を1つ寄付することができます。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)