「Thinkstock」より

写真拡大

 あなたが初めて自分で口座を開いた銀行はどこだろう。その口座は、まだ現役で活動中だろうか? 長いお付き合いになっている口座もあれば、青春の思い出と共にもはや忘却の彼方に――となっているかもしれない。

「どうせ残高は数百円だから……」と長い間放ってある口座のひとつや2つは、誰にでもありそうだ。しかし、そのお金が今後は別の誰かに使われることになるかもしれない。

 2018年1月から「休眠預金等活用法」が施行された。それによると、09年1月1日から10年以上、入出金等の取引のない預金等(普通預金、定期預金、貯蓄預金等)は民間公益活動に活用されることになる。

 具体的には、子どもおよび若者の支援にかかわる活動、日常生活または社会生活を営む上での困難を有する者の支援にかかわる活動、地域活性化等への支援にかかわる活動等を促進するために、それを行う民間の団体に対し、助成金を出したり貸し付けたりして使われる予定だという。

 政府の説明資料によると、預金者等が名乗りを上げないままとなっている休眠預金等は、払い戻し額を差し引いても毎年700億円程度(平成25〜27年度時点)にも上るとか。そこで、「預金等の公共的役割に照らし、預金者等に払い戻す努力を尽くした上で、休眠預金等を広く国民一般に還元」しようという考えの下で休眠預金等活用法が施行された。

 確かに、だいぶ前から「政府が休眠預金を東日本大震災の復興財源に使えないかと考えている」といった報道は流れていた。しかし、忘れているお金とはいえ、人のお金をいきなり召し上げるとは乱暴な話で、「そんなこと、果たして勝手にできるのか」と半信半疑だったのだが、しずしずと法律は動き出していたのだ。働き方を改革するより、ずっと素早く。

 そもそも、休眠預金は誰のものか。政府としては、「忘れ去られた預金は10年たてば権利が消滅することになっているのだから、公共のために使わせてください」という理屈だ。なお、強制的に取り上げるのではなく、「いつでも、預金等があった金融機関の窓口で休眠預金等の払い戻しを受けることが可能ですよ」とも強調している。

 貧困家庭の子どもや職に就けず引きこもりがちな若者、社会的弱者を支援するためといった公益性のある目的についてはともかく、「じゃあ、なんで民間団体に渡すのか」等のいろいろな声があるだろう。そこで、内閣府はパブリックコメントを3月10日まで募集中だ。意見のある方は、ぜひお寄せいただきたい。

 それはそうとして、実際に自分に休眠預金がある場合、そのお金はどうなるか。順番に見ていこう。

●休眠預金と認定された後でも払い戻し可能

 まず、定義から見ていこう。「休眠預金等」とは、10年以上入出金等の「異動」がない「預金等」を指す。この「異動」の範囲は各金融機関の判断で、通帳の記帳、残高照会、顧客情報の変更等を対象に加えることも可能で、各銀行のホームページ等で公表されている。

 さらに、「これは休眠預金に相当する」となる前に、金融機関は「こんな預金等がありますよ」ということを、まず預金者に郵送等で通知することになっている。しかし、これは1万円以上の預金等に関してで、それ以下の場合は通知されない。また、預金者の住所がわからない場合は「ウェブサイトで公告を行う」とある。これだけでも大変なコストだ。「銀行もご苦労様」というほかない。

 さて、それでも預金者が何もアクションをしなければ、この休眠預金は預金保険機構に移管され、休眠預金等活用法が定めた目的のために活用される日を待つことになる。

 とはいえ、休眠預金とされた後でも「勝手に使うな!」と持ち主が金融機関に名乗り出た場合(通帳、キャッシュカード、身分証等を提示)は、いつでも払い戻しされる。

 ちなみに、18年に行われるのは通知・確認部分で、実際に休眠預金として扱われるのは19年の1月から。つまり、長らく使っていない口座がある場合は、今年中に残高を確認したほうがいいというわけだ。(金融庁「休眠預金等活用法Q&A」より)

●休眠預金の落とし穴…合併で銀行消滅の場合は?

 しかし、ここには大きな落とし穴がある。筆者にも休眠口座はあるが、その銀行はもはや存在しない。平成元年以降、バブル崩壊や金融危機のあおりを受けて業界再編が進み、銀行の合併等が相次いだのはご存じの通り。

 筆者もある日、某金融機関から「ご登録の口座はみずほ銀行になっております」と言われたのだが、まったく覚えがなかった。「口座売買でもされたか」と仰天したが、学生時代に持っていた旧・第一勧業銀行の口座が現・みずほ銀行に変わっていたというのが種明かし。あわてて支店に電話をかけ、それこそ取引がなくて凍結されていた口座を復活させたが、そこには4000円ほど残高があった。

 しかし、まだほかにも旧・三和銀行の通帳が手元にある。どこの銀行になったのか調べようとしたら、便利なものを発見した。全国銀行協会(全銀協)のホームページに「平成元年以降の提携・合併リスト」が公開されている。

 これを見ると、三和銀行は三菱東京UFJ銀行になっているようだ。それを受けて、今度は三菱東京UFJ銀行のホームページを見てみると、Q&Aにきちんと記述があった。

 要約すると、「もし長く使用していない古い通帳やカードがあった場合は、取引店もしくは最寄りの支店に通帳・届出印・キャッシュカード・本人確認書類を持って来店するように」とのことだ。なお、この預金には「旧東京三菱銀行、旧UFJ銀行、旧三菱銀行、旧東京銀行、旧三和銀行、旧東海銀行の預金も含みます」とも、きちんと書かれている。今回は時間切れだったが、ぜひこの口座の現状も確認してみようと考えている。

 先に書いたみずほ銀行のケースでは、4000円の残高はみずほ銀行のキャッシュカードを新規発行してもらうために使ってしまった。復活させても口座に残っていたのが数百円の場合、「まぁいいか」とあきらめる人もいるだろう。しかし、1年後にはそれが別の用途に使われるかもしれないことだけは認識すべきだし、休眠預金等活用法の今後を見届ける義務は我々全員にある。

 今年から、マイナンバーと預金口座との紐付けも始まった。しばらく、銀行から目が離せないことになりそうだ。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)