3打差5位タイでムービングデーに挑む星野陸也(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPS HANDA ニュージーランドオープン 2日目◇2日◇ザ・ヒルズGC&ミルブロックリゾート>
アジアとオーストラリアの共催大会「ISPS HANDA ニュージーランドオープン」の2日目が終了。連日の「64」をマークしたテリー・ピルカダリス(オーストラリア)がトータル15アンダー・単独首位に躍り出ている。
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
1打差2位タイにダニエル・ニスベット、カラン・オレイリー(ともにオーストラリア)、2打差4位にトラヴィス・スミス(オーストラリア)と豪州勢が上位を占めた。
日本勢では、この日スコアを6つ伸ばした星野陸也がトータル12アンダー・5位タイに浮上。初日に首位タイ発進を決めた小鯛竜也もトータル11アンダー・9位タイと上位をキープしている。
また、稲森佑貴と川村昌弘がトータル8アンダー・39位タイ。堀川未来夢がトータル7アンダー・51位タイで決勝ラウンドにコマを進めている。
【2日目までの順位】
1位:テリー・ピルカダリス(-15)
2位T:ダニエル・ニスベット(-14)
2位T:カラン・オレイリー(-14)
4位:トラヴィス・スミス(-13)
5位T:星野陸也(-12)
5位T:ハリソン・エンディコット(-12)
5位T:ジェイミー・アーノルド(-12)
5位T:ハリー・ベイトマン(-12)
9位T:小鯛竜也(-11)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【独占インタビュー #2】星野陸也、石川遼との出会い
松山英樹、マスターズに向けて「バルスパー選手権」を欠場
松山英樹も困惑? スイングの謎に迫られ「僕にも分からない」
【危険な◯◯解説】<<<松山英樹>>>2018年のドライバーショットで大激論