元天才少女・高橋恵、決勝ラウンドで巻き返せるか(撮影:村上航)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 2日目◇2日◇琉球GC(6,558ヤード・パー72)>
国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の第2ラウンドが終了。初日に4アンダー・3位タイと好調な滑り出しを見せた高橋恵が、この日スコアを4つ落としてトータルイーブンパー・31位タイに後退した。
白熱の開幕戦!試合の様子を現地から特選フォトでお届け
この日は「前半だけで3パットを2回しました」と、2ボギー・1ダブルボギーの「40」で折り返し。後半は12番でボギーをたたいたが、「トータルイーブンパーで終わらせたいと思った」と、最終18番では意地のバーディで締めくくった。
「朝から緊張していました。していないつもりだったけど」。上位発進のプレッシャーもあったのか、「ホールによって悪かったところが違いました」と力を発揮しきれずに終了。中学2年生でステップ・アップ・ツアー「ANA PRINCESS CUP」で優勝を遂げた“天才少女”。前日の復活劇から一転スコアを落とす日となってしまったが、決勝ラウンドから再び勢いを取り戻せるか。
【注目選手のコメント】
森田遥(7位タイ、2バーディ・3ボギー、「73」、トータル4アンダー)
「昨日はショットが1メートルくらいについていたけど、今日は2メートルくらいが多かったです。パーパットも、バーディチャンスも2メートルくらいだったので、高麗芝にやられちゃいました。昨日よりはピンについていなかったし、今日は耐えた一日だったけど、ショット自体は悪くなかったです。パッティングは今日の朝から距離感がよくなかったので、パッティングの修正と、ショットを確認します。明日も耐えるゴルフができたらいいなと思います」
畑岡奈紗(16位タイ、2バーディ・1ダブルボギー、「72」、トータル2アンダー)
「今日は、昨日よりもショットは安定していたけど距離感が合っていなかったです。最後はもったいなかったけれど、最低限イーブンで戻ってこられたのでよかったです。(明日以降は)もっとアグレッシブにプレーして、上りのパットにつけられるようにしたいです。まだ半分しか終わっていないので、あと2日間しっかり頑張ります」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

平均パット数最下位から脱却へ 高橋恵を変えたクロスハンド
ダイキン初日首位、ヨネックスに移籍した森田遥の使用ギア
森田遥の目標「フェアウェイキープ率アップ」はイケメンが手助け!?
豪華解説者3人が予想!今年の女子ツアーはこうなる【特別編:畑岡奈紗の米ツアー挑戦】
【連続写真・正面】畑岡奈紗は身体のバネをフル活用!2018年最新スイング