ジョン・ヨンファさん(左)とインスタグラムに掲載された文章=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】兵役を先送りする目的で慶熙大大学院に不正に入学したとして業務妨害の疑いが持たれている韓国の4人組バンド・CNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファさん(28)について、ソウル地方警察庁が在宅起訴相当の意見を付けて書類送検したことに対し、ジョンさんは容疑を全面的に否定する立場を明らかにした。

 ジョンさんは2日、写真共有サイト「インスタグラム」に文章を掲載し「私が学業に関心もないのに(軍)入隊を延期するために博士課程に入学しようとしたのではないかという疑惑は、事実と全く異なる」と主張した。

 ジョンさんは「結果的に規定に違反したことがあったとすれば私に責任があり、深く反省している」としながら、「誤解されている部分について話したい」と切り出した。

 慶熙大大学院への不正入学については「面接は教授の裁量で行われると思い、募集要項をしっかり確認しなかったのは私の過失だ」と認める一方、「大学院に入る前に事務所で教授に会って私が作曲中の曲と発売した曲をお聞かせし、将来の計画などについて話し合った」として、歌手として専攻分野をさらに学ぶために博士課程に志願したと強調した。

 さらに、「私が軍隊に逃げるのだという方もいるが、絶対に逃げるのではない」と語気を強め、「軍隊は決して逃げ場にはならない。韓国の国民として、国防の義務を忠実に遂行するべきだといつも考えてきた」と説明した。

 続けて「今回のことが誰のせいかが重要なのではなく、再びこのような失敗をしないように最善を尽くす。私のせいで迷惑をかけた芸能人の方に申し訳ない」とし、「検察の取り調べに誠実に応じる」と伝えた。

 これに先立ち、ジョンさんの所属事務所のFNCエンターテインメントは警察発表に対し「捜査結果に歪曲(わいきょく)された部分がある」と反発するコメントを出している。

 5日に入隊するジョンさんは、2日と3日にソウル市内で入隊前最後となるコンサートを開催する。