カジュアルな装いの楽天・三木谷浩史氏。

写真拡大 (全13枚)

 2018年2月26日〜3月1日に、スペイン・バルセロナで開催された世界最大級のIT・モバイルの展示会「MWC 2018」。2月27日(現地時間)の基調講演には、楽天の代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏が登壇し、独自の仮想通貨「楽天コイン」の構想について発表しました。

カジュアルな装いの楽天・三木谷浩史氏

楽天エコシステムで楽天グループサービスを活性化
 基調講演はまず楽天の事業説明からスタート。楽天の2017年のグローバルGTV(世界での取扱総額)は1200億ドル。グローバルの会員プログラムは2017年現在12億人ですが、「2020年には20億人にする」と意気込みを語りました。

グローバルで1200億ドルの取扱総額を誇る

2020年には会員数20億人を目指す

 楽天のビジネスモデルは「楽天市場」や「楽天トラベル」を始めとする多くのインターネットサービスと、「楽天カード」「楽天銀行」「楽天Edy」などのフィンテックサービス、「楽天kobo」「楽天Viber」などのデジタルコンテンツ。人々の暮らしを幅広くカバーする多彩なサービスを展開し、それら楽天グループ内のサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に結びつけることで、独自の楽天エコシステム(楽天経済圏)を形成しています。三木谷氏は「会員プログラムを軸とした楽天エコシステムが楽天の強み」だと言います。

楽天の事業をまとめたスライド。国内のGMSは300億ドル、会員数は延べ9500万人。「FCバルセロナ」のメイングローバルパ-トナーやNBAのオフィシャルパートナーも務める

楽天エコシステム。全ての楽天サービスを会員IDで共通化。一度、個人情報や決済情報を登録したら、次からはログインするだけで手軽に利用できる

 楽天の基板となる「楽天市場」は、よく日本でAmazonにたとえられますが、三木谷氏は「Amazonとは大きく異なる」と強調。「楽天市場」はショッピングモール。「私たちのコンセプトは、小売業者とユーザーのネットワークを再構築すること」。また配送の「ワンデリバリー」についても意向を示しました。

 国内最大規模のショッピングサイト「楽天市場」を始め、開始から3年間で150万件の取り扱いとなり、MVNOのシェアNo.1を誇る「楽天モバイル」。開始から12年で会員数1500万人を突破し、2017年の1年間のカードショッピング取扱高が6兆円に到達。国内のクレジットカード会社の中で取扱高1位となったクレジットカードの「楽天カード」など、国内トップクラスの事業を多く手掛けています。

トップクラスを誇る楽天の様々なサービス

国内No.1事業の「楽天市場」と「楽天カード」、「楽天モバイル」

楽天ポイントプログラムでユーザーの利用を促進
 楽天のポイントプログラムである楽天スーパーポイントは、「楽天市場」の支払いに「楽天カード」を使うことでポイント最大4倍など、楽天グループ内の利用でより多く付与される仕組み。アメリカの「EBATES」や100万人の会員を抱えるフランスの「PriceMinister(現在は楽天に改称)」、2000万人の会員を抱えるドイツの「Club Rakuten」でも、このポイントプログラムが採用されています。

フランスの「PriceMinister」では2年未満で1000万ポイントを付与

ドイツの「Club Rakuten」ではポイントの付与と「楽天TV」を無料化

 無料通話&メッセージアプリの「楽天Viber」は、グローバルで10億人の利用者を誇るコミュニティサービス。将来的にはこのViber IDと楽天IDの統合を進め、Viberユーザーが楽天会員に。楽天ポイントプログラムは2017年までの15年間に、1兆以上のポイントをユーザーに提供しています。これは実に91億ドルに相当するもの。この楽天ポイントは70万店の加盟店で利用可能。グローバルでも「楽天kobo」や「楽天Viber」、「楽天テレビ」など、幅広いサービスで利用できます。