富士フイルム、参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2018」の募集を開始

写真拡大 (全3枚)

富士フイルムは、写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさを感じていただくため、参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000 人の写真展」を2018年7月13日の東京会場より全国33会場で順次開催する。開催に先立ち、出展作品を3月1日から5月25日まで募集する。

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展」は、通常のフォトコンテストとは異なり、出展者全員の作品が自身の選んだ会場に必ず展示される、日本最大級の参加型写真展。作品は、出展者が書き添えた“写真に込めた想い”とともに展示される。2006年に「“PHOTO IS”想いをつなぐ。10,000 人の写真展」としてスタートした本写真展は、年々出展者・来場者ともに増加し、昨年より募集目標数を“50,000人”に拡大して開催している。昨年は過去最高の50,507点の作品が寄せられ、全国36会場で合計120万人を超える人が観覧した。

今年は、昨年同様、「大伸ばしプリント」、たくさんの思い出の写真を1枚のプリントにまとめる「シャッフルプリント」、人気のインスタントカメラ“チェキ”で撮影した「チェキプリント」の作品を募集する。応募部門は、テーマやジャンルを問わずに応募できる「一般展示」部門、出展者が懐かしいと思う写真を展示する「なつかしいあの頃」部門、鉄道にちなんだ写真を3大鉄道博物館に展示する「鉄道のある風景」部門を設けた。

さらに、今年はスマートフォンからも簡単に応募できるよう2つの部門を新設した。専用ウェブサイト(http://photo-is.jp/special/)からお気に入りの画像とコメントをアップロードして応募する「お気に入りの1枚」部門と、指定のハッシュタグをつけてインスタグラムから応募する「インスタグラム」部門だ。SNS上だけではなく、写真にこめた想いをプリントにして表現する場として、本写真展が活用できるだろう。

■専用ウェブサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・LINE MUSIC、みんなで使える「ファミリープラン」が本日よりスタート。月額1,400円で、最大6人まで4,400万曲聴き放題
・PC向けVRゲーム「初音ミクVR」がミクの日に登場
・日本の伝統芸能“落語”と“ドラゴンクエスト”が融合!?落語の名所“新宿末廣亭”で「ドラクエ落語」を開催
・スペースインベーダーを教材に、子供達へゲーム作りとプログラミングを京都・東京で無料体験
・東京さくらトラム(都電荒川線)フォトコンテスト開催