ASUS JAPANは、モバイル製品を中心に販売やサポート、修理まで行うストア「ASUS Store Akasaka」(エイスースストア アカサカ)を3月2日にオープンした。オープン初日にはASUSTek Computer 会長のJonney Shih(ジョニー・シー)氏が駆けつけ、テープカットのオープニングセレモニーに臨んだほか、店舗をオープンする背景などを語った。

「ASUS Store Akasaka」オープニングセレモニーに登場したASUSTek Computer 会長のJonney Shih(ジョニー・シー)氏

オープン当日の「ASUS Store Akasaka」

テープカットの模様。左からASUSTek Computer グローバルカスタマサービス責任者のSamson Hu氏、同会長のJonney Shih氏、台北駐日経済文化代表処 副代表の郭仲熙(Kuo Chung-Shi)氏、ASUS JAPAN 代表取締役社長のEmilie Lu氏

 店舗の「ASUS Store Akasaka」については、内覧会の模様を掲載したニュース記事を参照していただきたい。

ASUSは“サービス志向”に、日本から世界に展開

 ジョニー・シー会長は、「ASUS Store Akasaka」がグローバルで初めての(修理施設を兼ねる)複合旗艦店であるとした上で、製品の体験だけでなく、「日本はサービスを含め品質基準が高い国。良いところを学び、日本のユーザーに質の高いサービスを提供していきたい」と、提供するサービスにもこだわっている様子を語る。

ストア内で挨拶を述べるジョニー・シー会長

台北駐日経済文化代表処 副代表の郭仲熙氏

 「最近、社員によく言っているのは、AI革命、スマート革命の中で、特に新しい世代には、サービス志向で製品を提供しなければいけない、ということ。ASUSの製品を購入したユーザーとは“縁”ができるととらえ、サービス(サポート)をきっかけにずっと繋がっていきたいと考えている」と同氏は語り、新しい店舗がそうした役割を担うとしている。

 また今後、世界各地に「ASUS Store Akasaka」と同様の店舗を展開するとし、「質の高いサービスを世界中のユーザーに届けたい。最も安心して選んでもらえるブランドを目指したい」とサポートやサービスの品質にも力を入れていく方針を語った。

 今回の店舗が、都心でも多くの家電量販店が集まるような場所ではなく赤坂が選ばれた背景については、「非常に慎重に考えて選んだ。赤坂というエリアはビジネス街だけでなく、(高級)住宅街も一緒になっている。販売に力を入れるならほかの場所でもよかったが、質の高いサービスを提供するために、ユーザーがゆったりとできて、プレミアムなサービスになるよう赤坂を選んだ」と、サービスや品質、イメージも重視して選んだことを明らかにしている。

 こうした高品質なサービスの提供をきっかけに、ユーザーとしっかりと縁をつないでいくという戦略において、「ASUS Store Akasaka」のような複合店舗は重要な役割を果たすとしており、サービス品質の要求基準も高い日本から、取り組みを世界に広げていくとした。

 国内での同様の店舗の展開については、ジョニー・シー会長は「初めての試みなので、まずはこの店舗を完璧にしてから、次を検討していきたい」とコメント。一方、家電量販店などにあるショップinショップの形態は、ユーザーと繋がっていきたいという根本的なコンセプトは共通しているとし、伝統的な販売チャネルであることからも、平行して取り組んでいくとしている。

囲み取材に応じるジョニー・シー会長

台湾などからも多くのメディアが取材に訪れていた

ZenFone5、日本で発売?

ZenFone5

 ASUSは2月27日(現地時間)に、スペイン・バルセロナで開催されているMWCで最新スマートフォン「ZenFone5」を発表したばかり。報道陣から「このお店で買えるようになるのか?」(日本で発売されるのか?)と質問が及ぶと、ジョニー・シー会長は笑いながら「そうなれば嬉しい」と、前向きなコメントを残していた。