画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ディスプレイ占有率を引き上げたモデルの増加

スペイン・バルセロナで2月26日から開催されていた「Mobile World Congress 2018」では、世界各国のメーカーから新しいスマートフォンの発表や展示が多くなされていた。それらスマートフォン新機種から見えてくる、今後のスマートフォンの方向性を確認してみよう。

○ディスプレイ占有率を競い「切り欠き」モデルも増加

世界最大の携帯電話の総合見本市イベント「Mobile World Congress 2018」が、今年もスペイン・バルセロナで開催された。このイベントには世界各国のキャリアから、基地局などインフラ関連のベンダー、そしてスマートフォンメーカーなど多くの企業が出展し、携帯電話に関する新しい技術やサービスを披露している。

中でも消費者からひときわ注目を集めているのは、やはりスマートフォンではないだろうか。毎年多くのスマートフォンメーカーが、Mobile World Congressに合わせて新機種を発表・展示する傾向にあることから大きな注目を集めているのだ。そしてそれらの新機種からは、スマートフォンの新たな方向性も見えてくる。

特に今年の新機種で特徴的だったのは、ベゼル部分を可能な限り減らし、ディスプレイ占有率を引き上げたモデルの増加だ。昨年のMobile World CongressでLGエレクトロニクスが「LG G6」を発表して以降、18:9やそれに近い画面比率の縦長ディスプレイを採用する機種が急速に増えている。だが今年はさらに、昨年発売されたサムスン電子の「Galaxy S8」やアップルの「iPhone X」などの影響を受けてか、画面占有率の高さを特徴の1つとしてうたう機種が増えてきている。

またiPhone Xで注目された、ディスプレイ上部にインカメラを配置する「切り欠き」のあるデザインを、あえて取り入れる機種もいくつか出てきている。Wikoの「VIEW2」や、エイスーステック・コンピューター(ASUS)の「ZenFone 5」などがそれに当たり、ディスプレイ占有率を重視して切り欠きのあるデザインが増える傾向は、今後強まっていくかもしれない。

さらにディスプレイの広さを追求したモデルとして、日本ではNTTドコモが「M」として販売している、ZTEの2画面折り畳みスマートフォン「AXON M」が挙げられるだろう。AXON M自体は発表済みのモデルだが、ZTEはAXON Mを展示のメインに据えており、その力の入れ具合を見て取ることができる。

●最大の差異化ポイントはカメラ

○最大のアピールポイントとなったカメラ

だがディスプレイ以上に、多くのメーカーが新機種のアピールポイントに据えていたのがカメラだ。ハイエンドからミドルクラスのモデルまで、人気機能であるカメラを最大の差異化ポイントとしてうたう傾向は着実に強まっているようだ。

昨年までは2眼カメラが大きな差異化要素となっていたが、現状ミドルクラスのモデル以上であれば、2眼カメラが搭載されるのは当たり前となりつつある。それゆえ各社とも、カメラに関する新たな差異化ポイントの模索を始めているようだ。

その新たな差異化ポイントの1つとなりそうなのが、1秒間に960コマの撮影ができるスーパースローモーション撮影だ。この機能はソニーモバイルコミュニケーションズが昨年のMobile World Congressで発表した「Xperia XZ Premium」で既に実現しているものだが、今回のMobile World Congressでは、ソニーモバイルだけでなく最大手のサムスン電子が、「Galaxy S9」「Galaxy S9+」でスーパースローモーション撮影を採用。フォロワーが現れたことで、ソニーモバイル以外の採用が急速に進む可能性が考えられそうだ。

そしてもう1つは、カメラとARを活用したコミュニケーション機能だ。こちらも既に、iPhone Xの「Animoji」などで実現しているものだが、ZenFone 5は同様の機能である「ZeniMoji」を、Galaxy S9は自分の顔を3Dアバターに変換し、スタンプなどに活用する「AR Emoji」を提供するなどフォロワーが増加。ソニーモバイルの新機種「Xperia XZ2」も、人物の顔などを3Dスキャンする「3Dクリエーター」を、インカメラでも使えるようにするなど、より簡単に自分の顔を活用した楽しいコミュニケーションを実現できるようになってきている。

だが、カメラ機能に関する技術でやはり他を上回っていると感じさせるのは、やはりイメージセンサー最大手のソニーのリソースをふんだんに活用できるソニーモバイルだ。同社のXperia XZ2は、イメージセンサーこそ前機種の「Xperia XZ1」と大きく変わっていないものの、新たにプロ用カメラに匹敵する4K HDR動画の撮影に対応したほか、スーパースローモーション動画の撮影も、HD画質だけでなくフルHD画質での撮影ができるようになるなど、一方上を行くカメラ機能を実現している。

また同社は未だに2眼カメラを採用していない数少ないスマートフォンメーカーだが、今回のMobile World Congressに合わせて、2眼カメラモジュールと画像融合処理プロセッサーを用いることにより、静止画撮影時にISO51200、動画撮影時にISO12800という超高感度を実現するカメラ技術を披露している。特に動画撮影時は感度を高めるのが難しかっただけに、この技術が大いに役立つと考えられる。スマートフォンの販売は落ち込んでいるソニーモバイルだが、カメラ技術に関しては当面高い優位性を保つことになりそうだ。

●新たなトレンドとしてのAI

○AIチップセットの活用はまだ道半ば

そしてもう1つ、新たなトレンドとしていくつかのメーカーが打ち出しているのが「AI」である。昨年のiPhone Xや、ファーウェイの「HUAWEI Mate10」で採用が進んだAIだが、今年に入ってからはクアルコムが、AI処理に長けたチップセット「Snapdragon 845」などを提供するようになったことから、より多くのメーカーがAI技術を取り入れるようになってきた。

中でもAIを強く打ち出しているのがZenFone 5である。ZenFone 5はAIを活用した6つの機能が搭載されており、例えば「AIカメラ」では被写体から16のシーンを自動で判別し、最適な撮影ができるよう設定を変更してくれる仕組みを備える。またLGの「LG V30S ThinQ」の2018年モデルも同様に、AIを活用して被写体からシーンを判別し、最適な写真が撮影できる「Vision AI」を備えている。

だがAIの活用に関しては、まだ途上という印象が強いのも事実。iPhone XのFace IDのように、AIによる学習を効果的に活用した機能はまだあまり見ることができないというのが、正直な所だ。

各メーカーともAIをうたってはいるものの、活用すればよいか悩んでいるという印象であり、AIを効果的に活用するためライバルの事例を探っているようにも見える。それだけに、AIを本格活用してスマートフォンが進化するには、まだ時間がかかりそうだ。

とはいえ、先に触れたディスプレイとカメラ、そしてAIが、今後のスマートフォンの進化をけん引する存在となっていくことは間違いないだろう。Mobile World Congressの各社の動向から見えてきた3つの要素で、スマートフォンが今後どのような進化を遂げていくのかが大いに注目される。