初日はやや出遅れた小平智 明日からの巻き返しを誓った(写真はレオパレス21ミャンマーOP)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-メキシコ選手権 初日◇1日◇クラブデゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>
世界ゴルフ選手権シリーズの今季第2戦「WGC-メキシコ選手権」。海外進出を本格化させたい小平智は、1イーグル・1バーディ・4ボギーの「72」。1オーバー・38位タイで初日を終えた。
【連続写真】ドライバー巧者・小平智のキモはインパクトでの左カカト
「1番、2番がもったいないなかったですね」と、スタートから連続ボギーでつまずいたが、ハイライトは575ヤードの15番パー5。ティショットをフェアウェイに運ぶと、269ヤードのセカンドを5番ウッドで振り抜き見事2オンに成功、イーグルを奪った。「いいイーグルが取れたので気持ちよかった」と、何とか上位進出への望みをつないだ。
昨年から戦い続けている世界ランク上昇への道中。直近では、4月第1週の「マスターズ」が大きな目標にはなるが、「そこだけを見ているわけではない」と、世界でのコンスタントな活躍に目を向ける。本大会で上位に入れば、現在43位の同ランクもさらに上昇するだけに、ここは踏ん張りどころだ。
「1日3アンダーを目標にしていたので、今日は4つ足りません。明日はビッグスコアを目指したいです」と、気合を入れ直す。首位とは8打差ながら、まだ3日間を残す。ピョンチャン五輪のスピードスケート500mでは同姓の小平奈緒選手が金メダルに輝いた。世界の強豪がそろった舞台で、ゴルフにも“小平あり”を見せつけたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング
新シーズン、東京五輪への思いを語った!イ・ボミ独占インタビュー
【危険な◯◯解説】<<<松山英樹>>>2018年のドライバーショットで大激論