阿字池に映り込む、シダレザクラと鳳凰堂。まるで、平安絵巻のような美しさ/(C)平等院

写真拡大

京都府宇治市の平等院で、桜の開花時期に合わせて夜間特別拝観が実施される。この時期にしか見られない、ライトアップされた桜と鳳凰堂の姿は必見!

昼間は、空の青色、鳳凰堂の朱色、シダレザクラの薄紅色のコントラストを楽しめる/(C)平等院

■ 暗闇に輝く桜と鳳凰堂の光景に目を奪われる

2017年秋に実施され、大好評だった平等院の夜間特別拝観が、桜の開花時期に合わせ2018年4月5日(木)〜9日(月)の5日間限定で実施される。水面に映る淡いピンクの桜と、ライトアップされた鳳凰堂とのコントラストが見事。夜間特別拝観の期間だけいただける、御朱印(数量限定)も登場する。

■夜間特別拝観「瑞光照歓〜春宵のあかり〜」一般公開<期間:2018年4月5日(木)〜9日(月) 会場:公開場所/庭園・ミュージアム「鳳翔館」・茶房藤花 時間:18:30〜21:00(受付終了20:45) ※昼夜入替制 料金:大人600円、中高生400円、小学生300円>

■ もちろん、昼間も美しい!桜で華やかに彩られた庭園を眺めよう

「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されている平等院。平安時代、藤原頼通が父の道長から譲り受けた別荘を寺院に改めたのが始まり。春には、極楽浄土を表現した庭園がシダレザクラで華やかに。10円玉の絵柄でおなじみの鳳凰堂と、その正面の阿字池にある桜を同時に眺めることができる。

【桜DATA】見ごろ:3月下旬〜4月中旬 ベストタイム:8:30ごろ (鳳凰堂は東向きなので午前中が美しい。開門直後が狙い目) 本数:約30本 品種:シダレザクラ、ソメイヨシノなど

■平等院<住所:宇治市宇治蓮華116 電話:0774-21-2861 時間:庭園8:30〜17:30(最終受付17:15)、鳳翔館9:00〜17:00(最終受付16:15)、鳳凰堂内部9:10〜16:10(最終受付) 休み:なし 料金:庭園+鳳翔館600円、鳳凰堂内部別途300円 交通:JR・京阪宇治駅より徒歩10分>(関西ウォーカー・編集部)