ギャラクシーS9プラス(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全3枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は、スペイン・バルセロナで1日(現地時間)まで開かれた世界最大級のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、自社の新型フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS9プラス」が主催者の業界団体GSMAから「最高のコネクテッドモバイル機器」賞を贈られたと明らかにした。

 GSMAは独創性と革新性の限界を超え、よりよい未来をつくり出すことに寄与する技術や製品、企業を選定し、賞を贈っている。

 ギャラクシーS9プラスはベゼル(縁)の部分を最小化したインフィニティディスプレー、超高速カメラ(スーパースローモーション撮影)、自撮り写真で動くスタンプを作成する「AR(拡張現実) Emoji」など、進んだ性能で注目を集めた。

 サムスン電子は「消費者のニーズに耳を傾けて最高の製品を作り、よりすばらしい経験を提供するため、意味のあるイノベーションを続けていく」としている。

 同社はMWC開幕前日の先月25日(現地時間)、バルセロナで「ギャラクシーS9」とギャラクシーS9プラスの発表イベントを開いた。