「ちきゅう」で海底を掘削してセンサーを設置する(海洋機構提供)

写真拡大

 海洋研究開発機構は地震や地殻変動を計測するセンサーを海底下数千メートルに設置し、高精度でリアルタイムに地震を観測するシステムを2019年3月までに構築する。水深2000メートルの海底から現在のセンサーの設置場所の5倍の深さの約5000メートルまで掘削しセンサーを設置する。地震の発生地点に近い場所からの観測で、地震発生の早期通報や予測精度の向上などが期待される。

 掘削した穴にセンサーを入れ、最上部に装置を設置。紀伊半島沖で防災科学技術研究所が展開する地震・津波観測監視システム「DONET」と同装置を接続し、穴の内部の観測データをリアルタイムでモニターする。

 センサー設置に先駆け18年秋にも、地震の規模を示すマグニチュード(M)が最大9になると想定される「南海トラフ」(紀伊半島沖熊野灘)で、地球深部探査船「ちきゅう」を利用し、海底下約5000メートル地点を掘削する。

 海洋機構は13年度の航海で海底下3000メートルを掘削しており、科学掘削としては世界最深に達している。