画像提供:マイナビニュース

写真拡大

リバーベッドテクノロジーは3月1日、クラウドベースのSD-WANソリューション「SteelConnect」の最新版を発表した。

「SteelConnect」は、ハイブリッド WAN、支社のLAN/WLAN 環境、データセンター、クラウドを含む分散型ネットワークファブリック全体で統合型の接続とポリシーベースのオーケストレーションを提供する。

最新版の最大の特徴は、AWS Direct ConnectとAzure ExpressRouteのサポートが開始された点。これにより、AWSとMicrosoft Azureに対するワンクリック接続が強化されている。

また、Riverbed SteelConnect SD-WAN とXirrus Wi-Fiのシームレスな統合が可能になったことで、クラウドネットワークのシンプルな導入と管理を実現する。集中クラウドコンソールからSD-WANとWi-Fiを一元管理でき、Riverbed Xirrus Wi-Fi アクセスポイントのゼロタッチプロビジョニング、Wi-Fi ネットワークの構築、Wi-Fi のモニタリングが行えるようになっている。

そのほか、LTEアップリンクもサポートが開始されており、小売店舗、一時的なポップストアなど、さまざまな利用に対応する。