画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●1kg以下、超軽量PCの実力は?

LGエレクトロニクスから日本向けノートPCとして3代目となる「LG gram」の2018年モデルが、3月2日に発売されました。

この2018年モデルには前年同様に13.3、14、15.6インチサイズが用意されており、そして待望の日本語キーボードが採用されました。また、大容量72Whバッテリを採用することで、バッテリ駆動時間を23〜27時間に延長するなど、さらにモバイル性能に磨きをかけています。

今回14インチディスプレイを搭載しながら1kg切りを果たした「LG gram 14Z980-GA55J」を借用したので、主にモバイル性能に注目したレビューをお届けします。

○14インチモデルにはCore i5-8250Uを採用

2018年型LG gramには、1モデルを除き第8世代Intel Core(Kaby Lake R)の4コア8スレッドCPUが採用されています。

今回借用したLG gram 14Z980-GA55Jは、CPUに「Core i5-8250U」(1.60/3.40GHz)、8GBメモリ(DDR4-2400 SDRAM)、256GB SSD(Serial ATA 3.0)を搭載。14インチモデルにはCore i5搭載機種しか用意されていませんが、13.3インチモデルには「Core i3-7100U」、15.6インチモデルには「Core i7-8550U」搭載機種もラインナップされています。

ちなみにインテルの希望カスタマー価格は、Core i5-8250Uが297ドル、Core i7-8550Uが409ドル。価格性能比のバランスからCore i5搭載モデルを中心に日本市場に投入しているのでしょう。

搭載する14インチディスプレイはIPS液晶方式で、解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)と据え置き。本体サイズは323.4×211.8×16.5mmで、重量はギリギリ1kgを切る995gに仕上げられています。これなら毎日持ち歩いても負担になりませんね。

インタフェースはUSB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、HDMI×1、ヘッドフォン出力×1、microSDカードスロット×1を搭載。有線LAN端子は本体に内蔵されていませんが、10Base-T/100Base-TXに対応する「USB Type-C - RJ45変換コネクター」が同梱されています。昨今の薄型軽量ノートPCでは省略されがちなUSB 3.0 Type-A端子が残されている点は、現時点では利便性が高いと思います。

●液晶ディスプレイは発色良好、やや暖色寄り

パフォーマンスをベンチマークソフト「CINEBENCH R15」で計測したところ、CPUは539 cb、Open GL(グラフィックス性能)は36.85 fpsという結果でした。第8世代のCore i7搭載機には及びませんが、第7世代のCore i7搭載機を大きく上回るスコアを記録しています。4K動画の書き出しなどはさすがにきついですが、一般的な用途であれば十分なパフォーマンスを備えています。

sRGBの色域を96%カバーしているIPS液晶ディスプレイは屋外でも視認できる明るさを備えており、発色も綺麗です。ただしデフォルトでは暖色寄り(赤みが強く)に設定されていました。オリジナルユーティリティ「LG Control Center」で色温度を調整できるので、あくまでも白い画面が好みなら寒色寄りに変更しましょう。

●最長26時間の連続駆動も夢じゃない?

キーボードの打鍵感は良好です。またタイプ音も低くしつけられており、喫茶店などで使っていても、よほど強くタイピングしなければ周囲に迷惑をかけることはありません。

さて、せっかく用意された日本語キーボードですが、個人的にはちょっと打ちづらく感じました。右側の記号キーの幅が実測約12mmとかなり狭いためです。日本語では音引きを入力するために「-(マイナス)」キーを多用します。フルスピードでタイピングできるようにすべてのキーの幅を揃えてほしかったところです。

モバイルノートPCにとってバッテリ駆動時間は最も重要な要素。明るさ40%でバッテリ残量5%までの動作時間をベンチマークソフト「BBench」で計測したところ、19時間25分23秒という結果でした。ディスプレイの明るさをもっと暗く設定し、バッテリ残量0%まで稼働させれば、カタログスペックの26時間に届きそうですね。いずれにしてもACアダプタを持ち歩く必要のないバッテリ駆動時間を備えていることは間違いありません。

モバイルノートPCとしては、ナノカーボンマグネシウムフルメタルボディにより7項目(衝撃・運送時落下、低圧/高度、高温、低温、砂塵、振動、塩水噴霧)のMIL-STD 810Gテストで高スコアを記録したタフネス性能も見逃せないポイント。冷却ファンのブレード数とヒートパイプを拡大し、排熱を効率化することで、静音化が図られている点も喫茶店などでの利用時に助かります。メモリとストレージのアップグレードサービスも提供されているLG gramは、末永く活躍してくれる一台といえます。

■試用機の主な仕様  

[製品名] LG gram 14Z980-GA55J  

[CPU] Intel Core i5-8250U(1.60/3.40GHz)  

[メモリ] 8GB(DDR4-2400 SDRAM)  

[グラフィックス] Intel UHD Graphics 620(300MHz/1.10GHz、CPU内蔵)  

[ストレージ] 256GB SSD(Serial ATA 3.0、SK Hynix HFS256G39TND-N210A)  

[光学ドライブ] ―  

[ディスプレイ] 14.0型 (1,920×1,080ドット、157ppi、グレア、非タッチパネル)  

[OS] Windows 10 Home 64bit  

[インタフェース] USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×2、HDMI、3.5mmヘッドフォン出力、microSDメモリカードスロット  

[通信機能] IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1  

[サイズ/重量] W323.4mm×D211.8mm×H16.5mm/995g  

[バッテリ駆動時間/充電時間] 約26時間/約3時間