米国の市場調査会社IDCが、このほどまとめた最新レポートによると、昨年(2017年)1年間の世界スマートフォン出荷台数は、前年から0.5%減少した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

2017年がその年だった

 同社によると、我々が後にスマートフォンと呼ぶことになった、これらの機器が登場して以来、その年間出荷台数が前年実績を下回るのは、初めてのこと。

 過去10年以上にわたり成長を続けてきたスマートフォン市場は、いつかその規模が縮小すると予想されていたが、2017年がその年だったという。

 2017年のスマートフォン世界出荷台数は、14億6200万台だった。世界最大の市場である中国が5%減となったことが大きく響いたという。ただし、EMEA(欧州・中東・アフリカ)も3.5%減少したほか、米国市場も横ばいとなるなど、振るわなかった。

製品の差異化が難しく

 IDCは、スマートフォン市場がこうして、転換点を迎えた原因として、メーカー各社の技術革新競争が一様になってきことを挙げている。

 例えば、これまでのメーカー間競争の中心は、ハードウエアデザインだったという。しかし、各社がこぞって、大型ディスプレーやベゼルのないデザインを採用したことで、これらの要素で製品を差異化するのが難しくなってきた。

 この傾向はしばらく続き、今年は、ファブレットと呼ばれる大型ディスプレーの出荷台数が、全スマートフォン出荷台数の過半を占めると、同社は予測する。

 今後の製品差異化の要素としては、ディスプレー技術や画質といったものもあるが、それらは多くの一般消費者には違いが分かりにくいともIDCは指摘している。

4年後のスマホはどんな姿?

 ただ、今年の出荷台数は、1ケタ台前半の成長が見込めると同社は見ている。市場は今後、年平均2.8%の成長率で拡大し、2022年には、16億8000万台の出荷台数が見込めるとしている。

 同社が、その要因として挙げているのが、今よりも約10倍速い通信速度となる次世代通信方式「5G」だ。

 IDCの予測によると、消費者向け5G対応スマートフォンが登場するのは、2019年。2022年には、スマートフォン全出荷台数の18%を5G対応端末が占めると見ている。

 こうなると、需要にも変化が生じるという。例えば、AI(人工知能)、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)、コンテキストアウェア(状況認識)コンピューティングといった技術に対する需要が高まっていく。

 これに伴い、スマートフォンは、通信速度、処理性能、バッテリー性能、使い勝手なども格段に向上し、これらの要素が市場成長のカギを握る。同時にスマートフォンは、1台ですべてをこなせる「オールオインワン・ツール」へと進化していくと、IDCは予測している。

(参考・関連記事)「技術革新は頭打ちか? スマホの販売台数が初めて前年割れ」
(参考・関連記事)「アップル、10〜12月期のスマホ出荷台数で首位に」

筆者:小久保 重信