絶妙なトロリ感! 「極上のゆでたまご」の方程式がついに完成しました

写真拡大 (全15枚)

黄身がトロッとしていて、白身がしっとりした極上のゆでたまごの作り方をご紹介。5分半から10分まで、ゆで時間を微調整しながら、どのゆで時間がベストなのか検証しました。


ゆでたまごを6パターンの
時間で作りました!


水から作るという方も多いゆでたまごですが、今回は、ゆで時間を調整しやすいので沸騰したお湯から作りました。たまごには薄皮と殻の間に空気が入るよう、画鋲で1カ所穴を開けておきます。ゆで時間5分半から30秒ごとに取り出して、白身と黄身のゆで具合を検証してみました。

それでは結果をどうぞ!


ベスト・オブ・ゆでたまごは
ゆで時間7分が正解でした!


ベスト・オブ・ゆでたまごに輝いたのは、ゆで時間7分でした。仕上がりは黄身の中心がレアでトロリとしながら、外側は半熟でしっとりし、黄身だけで美しい二重層ができあがりました。白身も安定した固さになり、殻むきの成功率も上がります。



オレンジの濃淡で、美しい二重層になりました!



黄身がなめらかで食欲を誘います!

さて、ベストのゆで時間がわかりましたが、ゆでたまごの好みは人によって違うもの。そこで、ベストの7分前後の結果もご紹介します。ご自分の好みにあわせて試してみてくださいね。


ゆで時間7分以外は
黄身か白身に欠点あり


5分半から10分まで検証したゆで時間は、7分以外は欠点あり。でも、たまごを使う用途や好みの固さの参考になるので、白身と黄身の具合を見て、好みのゆで時間を探してみてくださいね。



【ゆで時間5分半】黄身はほぼ液状


レア好きが喜ぶ黄身の仕上がり。黄身の食感は生たまごに近くて、”トロリ”というより”サラリ”とした感じでした。



白身はやわらかく、気を抜くとすぐに壊れてしまうので注意。



【ゆで時間6分】レア好きならココ!


白身の状態が落ち着き、殻むきの成功率がぐんと上がりました。レア好きなら6分あたりで取り出して!



【ゆで時間6分半】半熟派におすすめ!


ゆで時間7分のものよりも30秒早いだけで、全体にとろみのある黄身になりました。白身も少しやわらかく舌触りも◎。



白身はまだやわらかいので、薄皮と白身の間に水を注ぎ、慎重にはがしましょう。



【ゆで時間7分半】むきやすさ重視はココで!


黄身の外側が固まりはじめているものの、まだまだ半熟状態。7分よりむきやすく、固ゆでと半熟のいいとこどりです。



【ゆで時間8分】タマゴサラダに最適


黄身の中心はまだ半熟なものの、しっかり固まっているため、サンドイッチの具材やタマゴサラダにもしやすい固さです。



黄身が安定して固まるので、ほぐしやすくタマゴサラダに最適!



【ゆで時間8分半】固ゆでならギリギリOK


黄身のしっとり感を残しつつ、全体に火が通り、固ゆで派ならなんとか許容範囲です。



【ゆで時間9分】黄身が二重層に!


ゆで時間7分のものよりも、黄身が一段階薄い二重層に。黄身の内側はまだ少ししっとり感が残っている状態です。



【ゆで時間9分半】もそっとした食感です


白身がしっかり歯ごたえのある固さになりました。黄身は少しもそっとしています。



【ゆで時間10分】固ゆで派もガッカリ


しっとり感がほぼなくなり、少しやりすぎな印象。黄身は黄色の二重層に変化しています。

以上、ゆでたまごのゆで時間の検証結果でした。他のゆでたまごを見ても、やはり7分がベスト! 断面もきれいに仕上がるので、料理の盛りつけでも一役買いそうですね。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。